教皇フランシスコ、2018年1月24日一般謁見演説:チリとペルーへの司牧訪問

 

教皇フランシスコ、2018年1月24日一般謁見演説
チリとペルーへの司牧訪問

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 この一般謁見は、二か所で互いに連絡を取り合いながら進められています。皆さんはこの広場にいますが、ホールには病気の子どもたちがいます。わたしたちは互いにつながっているので、彼らには皆さんが見え、皆さんにも彼らが見えます。ホールにいる子どもたちに挨拶しましょう。こうすれば、子どもたちが寒さにさらされずにすむのです。

 わたしは2日前にチリとペルーへの司牧訪問から戻ったところです。チリとペルーの両国を心からたたえます。両国の国民は素晴らしい人々です。すべてが順調に進んだことを主に感謝します。わたしはこれらの地を歩む神の民と会い――歩んでいない人も、すこし立ち止まっている人もいますが、彼らは素晴らしい民です――、両国の社会的発展を促すことができました。深い思いやりと細やかな心遣いをもってわたしを歓迎してくださった政府当局者と司教団、そして関係者とボランティアの皆さんに改めて感謝の意を表します。両国のそれぞれに、2万人ものボランティアがいました。その素晴らしい人々の大半が若者でした。

 新聞でご存じのように、わたしがチリに到着する前に、さまざまな理由により、数か所で抗議行動がありました。そのために、今回の訪問のテーマ「わたしの平和をあなたがたに与える」が、ますます時宜にかなった力強いものとなりました。これは、弟子たちに向けたイエスのことばであり、ミサのたびに繰り返し唱えられることばです。自分自身をイエスにささげた人々に平和のたまものを与えることができるのは、死んで復活したイエスだけです。わたしたち一人ひとりは平和を必要としていますが、第三次世界大戦が断続的に行われているこの現代社会もまた、平和を必要としています。平和のために祈りましょう。

 チリの政府当局者と市民代表との集いでは、民主主義に向けたチリの道のりを励ましました。それは、多様性を受け入れ、連帯のうちに人々と出会う道のりです。そのためには、傾聴という方法、とくに貧しい人、若者、高齢者、移住者、そして地球の声に耳を傾けることが有効であるとわたしは提案しました。

 最初のミサは、正義と平和のためにささげらました。そこでは真福八端、とりわけ「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる」(マタイ5・9)が響き渡りました。この「幸い」は、神の恵みのもとに、教会共同体と社会全体が互いに近づき、寄り添い、分かち合い、力づけ合うことによりあかしされます。

 人に寄り添う際に重要なのは、ことばではなく行いです。わたしの行いの中で重要なものとして、サンティアゴ市内の女性刑務所への訪問が挙げられます。そこにいた女性たちの大半が子どもをもつ若い母親でした。彼女たちは、幼いわが子を胸に抱き、何があってもその顔に希望を宿していました。わたしは彼女たち自身にも、組織にも、社会復帰に備えるために真剣に努力するよう促しました。社会復帰は、日々の労苦に意味を与える展望をもたらします。社会復帰の見通しのない刑罰など考えられません。社会復帰という希望がなければ、刑期は永遠に続く拷問になってしまいます。一方、刑務所の中から社会のために働くことを通して、社会復帰に向けて尽力するとき――終身刑の人も社会復帰することができます――、人々の間に対話が生まれます。刑務所は、この社会復帰という観点をつねにもっていなければなりません。

 わたしはチリの司祭と奉献生活者、司教とともに二つの非常に重要な集いをもちました。それらの集いは、この国の教会が受けた数々の傷の痛みを分かち合うことにより、さらに実りあるものとなりました。わたしは未成年者への性的虐待がかかわるあらゆる問題のために拒絶されている兄弟たちを励ましました。そして、こうした厳しい試練を通して聖職者たちを清め、新たにしておられる神を信じるよう彼らを力づけました。

 チリでは、ミサが南部と北部でそれぞれ一回ずつ行われました。先住民族のマプチェの人々が住んでいる南部のアラウカニア地方で行われたミサでは、相違のあるところに調和をもたらし、あらゆる暴力を退けるよう求める平和アピールが発表され、彼らの試練と苦痛が喜びに変わりました。北部のイキケの海岸で、大洋と砂丘の間で行われたミサは、民間信心という独自の方法で表現される、人々の出会いのためにささげられました。

 チリの若者との集いと、カトリック系の大学との会合は、新世代の若者の生活にとって不可欠な重要な課題に応えるものでした。わたしは、「キリストが自分のいる所にいたら、どうされるだろう」という聖アルベルト・ウルタドの問いかけを若者の皆さんに何度も伝えました。そして大学では、全体的な養成の模範を提案しました。その養成は、カトリック信者のアイデンティティに、一致した多元社会の建設に参加する力を与えるものです。それは、隠したりせずに争いを対話によって解決する社会です。争いはつねに存在しています。家の中にもつねに争いはあります。しかし対処の仕方を誤れば、事態はさらに悪化します。争いをベッドの下に隠してはなりません。つねに争いを明るみに出し、対処し、会話によって解決すべきです。皆さんの家の中のささいないざこざのことを少し、考えてみましょう。隠したりせずに、そのいざこざを解決すべきです。時間をかけて、そのことについて話し合ってください。話し合いこそが、争いを解決する方法なのです。

 ペルーへの訪問のモットーは「希望によって結ばれて」でした。それは、皆が似通っているという不毛な均一性によって結ばれることではなく、歴史と文化を受け継ぐことによる多様性の実りをもって結ばれることを指しています。このことは、アマゾン流域から集まった先住民の皆さんとの出会いに、象徴的に表われていました。その際、アマゾン特別世界代表司教会議(シノドス)が2019年10月に開催され、その準備を進めることが発表されました。また、プエルト・マルドナドの競技場に集まった人々や児童養護施設の子どもたちとの出会いにも同じように、そのことが表われていました。わたしたちはともに経済的植民地主義と、イデオロギー上の植民地主義に「ノー」と言いました。

 ペルーの政府当局者と社会団体代表との会合では、同国の環境的、文化的、霊的な遺産に敬意を示しつつ、もっとも深刻な脅威である二つの現実、つまり生態系と社会の衰退と汚職に焦点を当てました。ここでも汚職のことが話題になっているかどうかは分かりませんが、汚職はペルーだけではなく、ここでも起こっています。しかも、インフルエンザよりも恐ろしいのです。汚職は人々の心を混乱させ、荒廃させます。汚職は人々の心をだめにします。どうか汚職に「ノー」と言ってください。だれも、この二つの問題に対する責任と、それらに抗議する責務を免れることはできません。

 トルヒージョの海岸では、ペルーにおける最初のミサを行いました。そこは昨年、エル・ニーニョ現象のために深刻な洪水被害を受けた場所です。したがって、その被害に対処すると同時に、組織的な犯罪、教育や雇用、安全な住居の欠如といった他の問題にも立ち向かうよう、わたしは人々を励ましました。トルヒージョでは、北ペルーの神父たちと奉献生活者たちとも会いました。わたしは召された喜び、宣教する喜び、さらには教会の中で交わりを促す責任を彼らと分かち合いました。そして、記憶を大切にしながら成長し、自らのルーツを守るよう彼らを促しました。おとめマリアへの民間信心は、彼らのルーツの一つです。トルヒージョでは聖母への祈りの集いも行われ、わたしは「扉の聖母」像に戴冠し、「いつくしみと希望の母」という称号を与えました。

 この訪問の最終日である先週の主日は、リマで、深い霊性と教会への思いに満たされました。わたしは、「奇跡の主」と呼ばれる有名なキリストの聖画がまつられているぺルーでもっとも有名な教会で、約500人の観想修道会の修道女と会いました。教会と全社会にとって、彼女たちは信仰と祈りに生気を送り込む真の「肺」のような存在です。司教座聖堂では、ペルーの諸聖人の取り次ぎを求める特別な祈りをささげ、その後に行われたペルーの司教団との会合では、聖トリビオ・デ・モグロべホを模範とすることを提案しました。そして、諸聖人とは自分自身のイメージを「作り上げる」ために時間を無駄にせずに、キリストに従った人々であることを、ペルーの若者に指摘しました。キリストは、希望をもって人々を見守っておられるのです。イエスのことばはあらゆるものに完全な意味を与えますが、今回のチリとペルーへの訪問の最後のミサの福音も同様です。「悔い改めて福音を信じなさい」(マルコ1・15)。この福音は両国の民への神のメッセージです。そうすれば、――主はこう言われたことでしょう――皆さんはわたしが与えた平和を受け、わたしの希望のうちに一つに結ばれるでしょう。このことばは、いわばこの司牧訪問のまとめと言えるでしょう。

 わたしたちの兄弟姉妹の国、チリとペルーを主が祝福してくださるよう、ともに祈りましょう。

PAGE TOP