教皇フランシスコ、2018年復活徹夜祭ミサ説教(2018.3.31)

 

教皇フランシスコ、2018年復活徹夜祭ミサ説教
2018年3月31日

 今日のミサは、夜の闇と冷気に包まれながら教会の外で始まりました。わたしたちは主の死を前にして沈黙の重さを感じました。それは、わたしたち一人が実感できる沈黙であり、十字架の前にことばもなく立っているあらゆる弟子の心の根底を貫く沈黙です。

 そのとき弟子たちは、イエスの死に心を痛め、黙って立ちすくんでいます。そのようなときに、何が話せるでしょう。弟子たちは、主の人生の決定的なときに、自分たちがどのように対応すべきか分かっていましたが、沈黙し続けました。主をとがめる不正義の前で、弟子たちは沈黙していました。主が中傷や偽証に耐えていたとき、弟子たちは何も言いませんでした。苦しく痛ましい受難のときにも、自分の無力さを痛烈に感じました。弟子たちは主のために声をあげ、「自分のいのちを危険にさらす」ことができなかったのです。その上、イエスを知らないと言い、隠れ、逃れ、沈黙しました(ヨハネ18・25-27)。

 それは、希望を奪うような痛ましい出来事が何度も起きたために、ことばを失い、心が麻痺し、何をしたらよいか分からなくなっている弟子たちの沈黙の夜です。それはまた、自分たちには太刀打ちできない事態に直面して、ことばを失っている今日の弟子たちの沈黙でもあります。兄弟姉妹が身をもって体験している不正義を正すために自分たちがやれることは何もないと感じ、信じてさえいるのです。

 それは記憶も希望も奪い、「いつもこのようにやってきたのだ」と考えるよう仕向ける抑圧的な慣習にとらわれているために、方向を見失っている弟子たちの沈黙の夜です。弟子たちは圧倒され、ついには「皆と同じようになり」、カイアファのことばに何の疑問も感じずに、沈黙します。「一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないで済む方が、あなたがたに好都合だとは考えないのか」(ヨハネ11・50)。

 わたしたちの沈黙の中で、非常に重苦しい沈黙の中で、石が叫びだします。(ルカ19・40参照)(1)。そして、これまでの歴史の中で聞いたこともない偉大な知らせへの道が開かれます。「あのかたは、ここにはおられない。……復活なさったのだ」(マタイ28・6)。墓の前にあった石は叫び、すべての人に新しい道が開けたことを告げます。福音の喜びを黙らせ、抑え込もうとするすべてのものに、いのちであるかたが打ち勝ったことを最初に伝えたのは、まさに天地創造でした。墓の前の石がまず揺れ動き、賛美と感嘆、喜びと希望の歌を自由に歌いました。わたしたちは皆、このことに参加するよう招かれています。

 昨日は、聖書の中の女性たちとともに「刺し貫かれたかた」(ヨハネ19・36、ザカリヤ12・10参照)に思いを寄せました。今日は彼女たちとともに空の墓を見て、天使のことばを聞くよう招かれています。「恐れることはない。……復活なさったのだ」(マタイ28・5-6)。このことばは、わたしたちの心の根底にある信念と確信に働きかけると同時に、日々の出来事を判断し、それらに対処する方法、とりわけ他者とかかわる方法に影響を与えます。空の墓はわたしたちに問いかけ、わたしたちを呼び集め、考えさせます。そして、神はどの場所にも、どの人の中にも「おられ」、そして何よりも、神の光はもっとも人々から期待されていないところや、人生のもっとも目立たない場で輝くことを信じ、信頼するよう力づけます。イエスは死者のうちから、すなわち何も期待できないところから復活しました。そしてイエスは今、女性たちを待っておられたよう、わたしたちのことも待っておられ、ご自分の救いのわざにわたしたちも参加できるようにしてくださいます。この基盤と力のうちに、わたしたちキリスト者は尊厳への道を見いだし、築くために、自分の人生と力、知性、愛情、意志を費やすのです。「イエスはここにはおられない。復活なさったのだ」。これは、わたしたちの希望を支え、その希望を具体的な愛のわざに変える知らせです。その体験によって、わたしたちの弱さに油が塗られることが、どんなに必要とされているでしょう。信仰を再び生き生きとしたものにすることが、どんなに必要とされているでしょう。近くしか見えない自分たちの視野に問題意識をもち、この知らせによって再び新たににすることが、どんなに必要とされているでしょう。イエスは復活し、ご自分とともにわたしたちの希望と創造性も復活させてくださいます。だからこそわたしたちは、自分が独りではないことを認識しながら、現代の問題に立ち向かうことができるのです。

 復活祭を祝うことは、神はつねにわたしたち個人の歴史に入ってこられ、わたしたちの「思い込み」、すなわちわたしたちを身動きできなくする固定された考え方や行動様式に挑戦しておられることを改めて信じることです。復活祭を祝うことは、わたしたちを何度も取り囲み、あらゆる希望を葬りさろうとする、臆病な姿勢をイエスに打ち負かしていただくことです。

 墓の前の石も、福音に登場する女性たちも、このことに参加しています。そして今、皆さんとわたしにも、次のような招きが再び向けられています。すなわち、型にはまった生き方をやめて、自分の生活、決断、存在を新たにするよう求める招き、さらにはわたしたちが立っている場所、やっていること、わたしたちそのものに、わたしたちの「力に応じて」向けられた招きです。わたしたちは、このいのちの知らせを分かち合いたいと願っているでしょうか。それとも、起こった出来事の前に黙って立ち続けようと思っているでしょうか。

 イエスはここにはおられません。復活されました。そして、ガリラヤで皆さんを待っておられます。イエスは皆さんが最初に愛した時と場所に戻るよう招きながら、「恐れずに、わたしに従いなさい」と語りかけておられるのです。

PAGE TOP