教皇フランシスコ、2018年1月28日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年1月28日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

 今日の福音朗読(マルコ1・21-28参照)は、「カファルナウムの一日」と呼ばれる長い記述の一部です。今日の朗読箇所の中心は、イエスが汚れた霊を追い出した出来事であり、その中でイエスはことばと行いにおいて力強い預言者として示されます。

 イエスは土曜日にカファルナウムの会堂に入り、教え始めます。群衆はイエスのことばに驚きます。そのことばは、通常のことばとは異なっていたからです。それらは、今までよく耳にしたことばとは違った響きをもっています。実際、律法学者は教えますが、彼らに権威はありません。イエスは権威をもって教え、権威ある者として教えます。このようにイエスは従来の伝統だけに基づいて教える普通の人ではなく、神から遣わされた者としてご自分を示します。イエスには十全な権威があります。イエスの教えは新しいものです。福音書には、「権威ある新しい教えだ」(27節)と人々が述べたと記されてます。

 イエスはまた、行いにおいても力強さを示します。カファルナウムの会堂には汚れた霊にとりつかれた男性がいて、次のように叫んでいました。「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ」(24節)。悪魔が語っていることは真実です。イエスは悪霊、悪魔を滅ぼし、打ち負かすために来られました。この汚れた霊はイエスの力を知っており、イエスの聖性を宣言します。イエスはこの霊を叱責します。「黙れ。この人から出て行け」(25節)。イエスはこの短いことばを言うだけで、悪魔に打ち勝つことができます。「汚れた霊はその人にけいれんを起こさせ、大声をあげて出て行った」(26節)と福音は伝えています。

 この箇所は現代人に強い印象を与えます。皆が恐れにとらわれ、「これはいったいどういうことなのだ。……この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く」(27節)と自問しているのです。イエスの力は、イエスの教えの権威を確かなものにします。イエスは話すだけでなく、行います。そして、ことばと行いの力によって神の計画を示します。実際、福音に記されているように、イエスは、ご自分の地上における使命として、説教をすること、さらには病者や貧しい人、子ども、罪びとを助け、思いやることを通して、さまざまな形で神の愛を表します。

 イエスは、ことばと行いにおいて力強いわたしたちの先生です。イエスは、しばしば闇に覆われるわたしたちの人生の道を照らします。イエスは難局や試練、誘惑を克服するのに必要な力もわたしたちに与えます。こんなにも強く優しい神を知る恵みの素晴らしさを、一緒に考えましょう。イエスはわたしたちに道を示し、とりわけ困ったときに助けてくれる先生であり、友です。

 この世界のさまざまな情報がもたらす騒音の中で、わたしたちが自分の中にも周りにも静かな環境をつくり、御子イエスのもっとも権威あることばを聞くことができるよう、傾聴のおとめマリアが助けてくださいますように。御子はわたしたちの存在に意味があることを伝え、あらゆる奴隷状態、悪魔による奴隷状態からわたしたちを解放してくださるのです。

PAGE TOP