教皇フランシスコ、2018年3月18日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年3月18日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ヨハネ12・20-33)は、イエスの生涯の最期の日々に起きたことを伝えています。それは、イエスがユダヤ教の過越祭に訪れたエルサレムでの出来事です。何人かのギリシア人も礼拝するためにそこに来ていました。彼らは信仰心に動かされ、ユダヤ人の信仰に引き寄せられました。そして、偉大な預言者のことを耳にし、十二使徒の一人であるフィリポのもとに来て、「お願いです。イエスにお目にかかりたいのです」(21節)と言いました。福音記者ヨハネは、「見る」という動詞を中心に据えながら、このことばを際立たせています。福音的な語句であるこの動詞は、人間の神秘を理解するために外見を超えることを意味します。ヨハネが用いているこの「見る」という動詞は、心の奥に届くこと、すなわち見る力と理解する力によって、人の内面にある魂の奥底に至ることを意味しています。

 イエスは意外な反応をします。「はい」、「いいえ」と答えるのではなく、「人の子が栄光を受ける時が来た」(23節)と言ったのです。このことばは一見、ギリシア人の質問を無視しているかのように思えますが、実は真の答えを示しています。イエスを知りたいと望む人は、イエスの栄光が表れている十字架の中に目を向けなければなりません。十字架の中を見るのです。今日の福音は、十字架に目を向けるようわたしたちを招いています。十字架は、しばしば粗末に扱われる装飾品やアクセサリーなどではなく、じっくり考えて理解すべき信仰の象徴です。十字架につけられたイエスの姿には、愛の至高のわざであり、あらゆる時代の人々のいのちと救いの源である、御子の死の神秘が表れています。わたしたちはイエスの傷によっていやされてきたのです。

 わたしは次のように考えるかもしれません。「どのように十字架を見ればよいのだろう。芸術品として優れているかどうか見るのだろうか。それとも、その中を見つめるのだろうか。イエスの心の奥底まで、イエスの傷を見通すのだろうか。奴隷や罪びとのように、死に至るまではずかしめられた神の神秘を見るのだろうか」。どうか忘れないでください。十字架を見るときには、その中を見つめてください。五つの傷のそれぞれに対して「主の祈り」を一回、唱えるというすばらしい祈り方もあります。「主の祈り」を唱える際、わたしたちはイエスの傷を通して、イエスの心の中に入ろうとします。そして、キリストの神秘の知恵、十字架の偉大な知恵を学ぶのです。

 イエスは、自らの死と復活の意味を説明するために、たとえを用いて語ります。「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」(24節)。そして、ご自分の最期――十字架刑、死、そして復活――実りのわざ――イエスの傷によりわたしたちはいやされます――を説明しようとします。その豊かさは多くの人に実りをもたらします。このようにイエスは、地に落ちて新しいいのちを生み出す、一粒の麦にご自身をたとえています。イエスは人となられて地上に来られましたが、それだけではありません。罪の隷属から人間をあがない、愛のうちに新しいいのちを与えるために、死をも受け入れなければなりません。先ほど「人間をあがなう」と言いましたが、それはわたしも、あなたも、わたしたち全員をあがなうということです。イエスはその対価を払いました。それこそがキリストの神秘です。イエスの傷に向かい、イエスの中に入り、イエスについて深く考え、イエスを中から見つめてください。

 イエスの弟子であるわたしたちも、イエスが成し遂げたこの麦の粒のわざを行わなければなりません。そして、新たにされた永遠のいのちを受けるために、いのちを失うという過越のおきてに従わなければなりません。いのちを失うとは、一粒の麦となるとは、何を意味するのでしょうか。それは、自分のことや自らの利益をほとんど考えずに、隣人、とりわけもっとも小さくされた人々の要望に「目を向け」、それらに応ずることです。からだや心に傷を負った人々に愛のわざを進んで行うことは、福音を生きるもっとも真正な方法です。それはわたしたち共同体が互いに愛し、受け入れ合いながら成長するために欠かせない基盤です。わたしはイエスを見たいと思っていますが、中から見たいと望みます。イエスの傷の中を通り、イエスの心の中にある、あなた、わたし、そしてすべての人に向けられた愛を見つめてください。

 ベツレヘムからゴルゴタの丘の上の十字架まで、心のまなざしを御子に注ぎ続けたおとめマリアの助けにより、わたしたちがイエスが望まれるようにイエスに出会い、イエスを知ることによって、イエスの光に照らされて生き、この世に正義と平和の実りをもたらすことができますように。

PAGE TOP