教皇フランシスコ、2018年4月15日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年4月15日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日、復活節第三主日の福音は、復活したイエスがすべての弟子とともに過ごされたときのことが中心となっています。わたしたちはこの福音を通して、再び高間へと導かれます。イエスはそこで使徒たちの前に現れ、「あなたがたに平和があるように」(ルカ24・36)とあいさつします。「あなたがたに平和があるように」。これは、平和を与えてくださる復活した主のあいさつです。その平和は心の中の平和と、対人関係の中で築かれる平和の両方を指します。福音記者ルカによって記されたこの箇所は、復活の現実性を訴えています。イエスは亡霊ではありません。つまり、それは霊の出現ではなく、復活したからだをもって、イエスが現にそこにおられるのです。

 イエスは使徒たちがご自分を見て動揺していることに気づきます。復活という現実は弟子たちには思いもよらないものだからです。彼らは亡霊を見ていると思いこんでいますが、復活したイエスは霊魂ではなく、からだと霊をもった人間です。したがってイエスは、彼らを納得させるために「わたしの手や足を見なさい」と言います。そしてご自分の傷を見せて、「わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。触ってよく見なさい。亡霊には肉も骨もないが、あなたがたに見えるとおり、わたしにはそれがある」(39節)。それでも、弟子たちの疑いは消えないようです。福音書には興味深いことが記されています。彼らの心があまりにも喜びに満たされていたので、信じられなかったというのです。「そんなことはありえない。それほど喜ばしいことがあるわけがない」。イエスは弟子たちを納得させるために、「ここに何か食べ物があるか」(41節)と尋ねます。焼いた魚を差し出しされたイエスは、それを取って弟子たちの前で食べ、彼らを納得させます。

 イエスがご自分の復活が現実であると強く主張したことにより、からだに対するキリスト者の考え方が照らし出されます。からだは障害でも、魂の檻でもありません。からだは神によって造られます。からだと魂が一つにならなければ、人間は完成しません。死に打ち勝ち、からだと霊をもって復活したイエスは、からだを前向きにとらえなければならないことを理解するようわたしたちに促します。からだは、罪の口実や道具になりえます。しかし罪を引き起こすのはからだではなく、道徳的な弱さです。からだとは、魂と一つになって神の似姿を完全に表すよう造られた、神からの素晴らしい贈り物です。したがってわたしたちは、自分と他者のからだを心から尊重し、大切にしなければなりません。

 隣人のからだを辱めたり、傷つけたり、暴力を加えたりすることは、創造主である神に対するぼうとくです。わたしは、からだを手荒く扱われている子ども、女性、高齢者のことをとりわけ考えます。その人たちのからだの中には、キリストのからだがあります。キリストは傷つけられ、嘲笑され、中傷を受け、侮辱され、むち打たれ、十字架につけられました。そしてイエスはわたしたちに愛を教えてくださいます。愛は、イエスの復活によって、罪と死より強いものとして示されます。その愛は、現代の奴隷制の痛みをからだに受けているすべての人々を救おうとします。

 弱者への権力の乱用や、霊性を抑圧する物質主義がはびこる世界の中で、今日の福音は、復活した主との出会いによる深い驚きと喜びに、心の底から目を向けるよう求めています。そして、主が歴史にまいてくださるいのちの新しさを、新しい天と新しい地へと向かわせるために、その新しさを受け入れ、感謝するよう招いています。この旅路を支えてくださるようおとめマリアに願いつつ、信仰のうちに自分自身をマリアのとりなしにゆだねましょう。

PAGE TOP