教皇フランシスコ、2018年5月6日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年5月6日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 復活節にあたり、みことばは復活した主の共同体として生き抜くという生き方を、わたしたちに示し続けています。その中でも今日の福音は、「わたしの愛にとどまりなさい」(ヨハネ15・9)というイエスの命令を伝えています。イエスの愛にとどまり、神の愛の流れの中で生き、いつまでもそこにいることは、わたしたちの愛がこれからも情熱と力を失わないために必要な条件です。わたしたちもイエスのように、そしてイエスのうちに、感謝をもって御父の愛を受け入れ、利己主義や罪によってその愛から離れないようにしながら、その愛にとどまらなければなりません。それは大変なことですが、不可能なことではありません。

 まず最初に、キリストの愛はうわべだけの感情ではなく、イエスの望むとおりに生きることによって表される心の根本的な状態であることに気づくことが重要です。実際、イエスは次のように述べています。「わたしが父のおきてを守り、その愛にとどまっているように、あなたがたも、わたしのおきてを守るなら、わたしの愛にとどまっていることになる」(10節)。愛は日常生活の中で、態度と行動を通して行われます。さもなければ、愛は単なる幻想になってしまいます。ことばが何度繰り返されても、そこには愛はありません。愛は毎日、実際に行うものです。イエスは、「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」(12節)ということばに要約されているご自分の命令に従うよう、わたしたちに求めています。

 復活した主から与えられたこの愛を、どうしたら他者と分かち合えるでしょうか。愛すべき「他者」とはどんな人なのか、イエスはことばではなく、行いを通して何度もわたしたちに伝えました。それは道で出会う人であり、自らの表情と物語を通して語りかけてくる人です。そしてその人がそこにいることにより、わたしは自分の利益や安全な生活から離れるよう駆り立てられます。その人はわたしたちが耳を傾け、一緒に道を歩もうとするのを待っています。相手がだれであろうと、またどんな状態にあろうと、家族や共同体、職場、学校に身近にいる人をはじめとする一人ひとりの兄弟姉妹にわたしたちが心を開き、イエスと結ばれていれば、イエスの愛が相手に伝わり、その人をイエスとの友情に引き寄せることができるのです。
 
また、他者に対するこの愛は、特別な時のために取っておくものではなく、日常生活の中につねにあるべきものです。したがって例えば、高齢者を大切な宝のように愛をもって守らなければなりません。たとえその人たちが経済的な問題により困難な生活を送っていても、わたしたちが世話をしなければなりません。また病者については、末期の患者にも可能な限り治療をほどこす必要があります。どんな場合にも胎児を受け入れるべきです。そして最後に、いのちは受胎から自然死に至るまで、つねに守られ、愛されなければなりません。それこそが愛です。

 イエスはご自分がわたしたちを愛するように互いに愛し合うよう求めています。そしてわたしたちはそのイエス・キリストのうちに、神によって愛されています。しかし、わたしたちがイエスと同じ心をもたなければ、そうはなりません。主日のたびに参加するよう招かれているミサは、わたしたちの心をキリストの心のようにするためにあります。それにより、わたしたちの生活全体はイエスの豊かな生き方によって導かれます。イエスの愛にとどまり、もっとも弱い人をはじめとするすべての人への愛のうちに成長することにより、わたしたちがキリスト者の召命に完全に応えることができるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP