教皇フランシスコ、2018年5月20日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年5月20日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、

 イエスの死と復活を中心とする復活節は今日、聖霊降臨の主日に終わりを迎えます。この日は、おとめマリアとともに高間に集まっていた使徒と他の弟子たちの上に聖霊が注がれたという出来事をわたしたちに思い起こさせ、新たに体験させてくれます(使徒言行録2・1-11参照)。この日からキリスト教の聖性の歴史が始まりました。なぜなら、聖霊こそが聖性の源であり、その聖性は少数の人だけに与えられる特権ではなく、すべての人にもたらされる召命だからです。わたしたちはまさに、洗礼をとおしてキリストご自身の聖なる生活にあずかり、堅信をとおしてこの世におけるキリストのあかし人となるよう招かれています。

 「聖霊は、神を信じる聖なる民に豊かな聖性を与えます」(使徒的勧告『ガウデーテ・エト・エクスルターテ』6)。「神は人々を個別的に、まったく相互のかかわりなしに聖化し救うのではなく、彼らを、真理に基づいて神を認め忠実に神に仕える一つの民として確立することを望まれました」(『教会憲章』9)。

 主は古代の預言者をとおして、すでにご自分の計画を民に伝えておられました。エゼキエルは言います。「また、わたしの霊をお前たちの中に置き、わたしの掟に従って歩ませ、わたしの裁きを守り行わせる。お前たちは、……わたしの民となりわたしはお前たちの神となる」(エゼキエル36・27-28)。預言者ヨエルは言います。「わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。あなたたちの息子や娘は預言し、……その日、わたしは奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ。……主の御名を呼ぶ者は皆、救われる」(3・1-2、5)。これらの預言はすべて、「聖霊がつねに注がれるようとりなし、守ってくださる」(『ミサ典礼書』「主の昇天」後の叙唱参照)イエス・キリストのうちに成就します。そして今日は、聖霊が注がれたことを記念する日なのです。

 聖霊降臨の日から世の終わりに至るまで、キリストのうちに完成するこの聖性は、聖霊の働きに心を開き、忠実に従うよう努めるすべての人に注がれます。聖霊こそが、わたしたちに至福を味わせてくれます。聖霊はわたしたちのもとに訪れ、無関心さを打ち砕き、人々の心を希望に向けて開き、神と隣人との結びつきの中でわたしたちの心が成長するよう促し、励まします。聖パウロが述べているとおりです。「霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です」(ガラテヤ5・22-23)。霊はこれらすべての実をわたしたちの内に結びます。だからこそ、今日わたしたちは、御父から与えられたこの恵みをたたえるのです。

 おとめマリアに願いましょう。現代の教会も聖霊降臨を新たに体験することができますように。また、福音を生き、あかしする喜びを与えると同時に、「神の偉大な栄光のために、聖人になりたいという熱意をわたしたちの内に注ぎこむ」(使徒的勧告『ガウデーテ・エト・エクスルターテ』177)若々しい力を、さらに新たにすることができますように。

PAGE TOP