教皇フランシスコ、2019年1月13日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年1月13日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 わたしたちは今日、降誕節を締めくくる、主の洗礼の祝日を記念します。典礼は、先日ご降誕が祝われたばかりのイエスのことを、さらに深く知るよう招いています。ですから今日の福音(ルカ3・15-16、21-22参照)は、イエスと群衆との関係と、イエスと御父との関係という二つの重要な要素に光を当てています。

 イエスがヨルダン川で洗礼者ヨハネから洗礼を受けたことが記された箇所の中で、何よりも注目すべきなのは、群衆の役割です。イエスは群衆の中におられます。このことは単なる背景ではなく、この出来事の本質的な要素です。イエスは水に浸かる前に、群衆に「浸かりました」。イエスは群衆に加わり、人間の状態をすべて引き受け、罪以外のすべてを人々と分かち合います。御子は、ご自分の聖性のうちに、恵みといつくしみに満たされ、世の罪を担い、取り除くために受肉し、わたしたちの不幸を引き受け、人となられます。したがって、この出来事は主の公現でもあります。悔い改めているご自分の民のただ中で、ヨハネから洗礼を受けることにより、イエスはご自身の使命の論理と意味を示しているからです。

 回心し、洗礼を受けたいとヨハネに求める群衆に加わることにより、イエスは内的な刷新への深い願いを彼らと共有します。そして、「鳩のように目に見える姿で」(22節)聖霊がイエスの上にくだったことは、新しい世界、すなわちイエスを自ら受け入れるすべての人が参加する「新しい創造」が、イエスによって始まることを象徴しています。「あなたはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者」(22節)という御父のことばは、わたしたち一人ひとりにも向けられています。それにより、わたしたちにも洗礼を通して新しいいのちが与えられるのです。洗礼の日に受けた御父の愛は、わたしたちの心にともる炎です。わたしたちは祈りと愛によってその炎を燃やし続けなければなりません。

 福音記者ルカが強調している第二の要素は、イエスが群衆とヨルダン川に浸かった後、御父との交わりのうちに、祈りにご自身を「沈めた」ことです。洗礼は、イエスの公生活の始まりであり、人間に対する神の善と愛を伝えるというこの世におけるイエス、御父の使者の使命の始まりです。この使命は、御父と聖霊とつねに完全に一致することによって成し遂げられます。教会の使命と、わたしたち一人ひとりの使命が、忠実で豊かな実りをもたらすものとなるためには、イエスの使命に「接ぎ木」される必要があります。それは、人間のやり方ではなく、神の計画となさり方に従って、キリスト者のあかしを明らかに示すために、祈りのうちに福音宣教と使徒職を新たにし続けることを意味します。

 兄弟姉妹の皆さん、主の洗礼の祝日は、洗礼によって交わされた約束を、感謝の念と確信をもって新たにし、その約束のもとに生活できるようにするのにふさわしい機会です。何度も言うようですが、自分の受洗日がいつか思い出すこともとても重要です。自分の受洗日がいつか分かる人はいますか。分からない人もいるでしょう。もし分からなかったら、家に戻って、「わたしの受洗日はいつですか」と両親、祖父母、叔父叔母、代父母、家族、友人に聞いてください。そしてその日付を忘れずに心に刻み、毎年、記念しましょう。

 わたしたちのためにではなく、御父のはかり知れない善を実現させるためにわたしたちを救ってくださったイエスにより、わたしたちがすべての人に優しく接することができますように。いつくしみの母であるおとめマリアが、わたしたちの導き手、模範となってくださいますように。

PAGE TOP