教皇フランシスコ、2019年受難の主日ミサ説教(2019.4.14)

 

教皇フランシスコ、2019年4月14日受難の主日ミサ説教

 イエスがエルサレムに入られ、歓声があがった後に、イエスに対する侮辱のことばが続きました。祝いの声の後には、残虐な拷問が行われました。毎年、聖週間のはじめに、わたしたちはこの二重の神秘を追体験します。今日のミサの二つの特徴的な場面に表れている通りです。しゅろの枝をかざしながら行列をし、それから厳かな受難の朗読が行われるのです。

 聖霊の導きのもとにそれらの場面に加わり、はじめの祈りのうちに願い求めた恵みを受けましょう。信仰をもって救い主とともに道を歩むことができますように。そして人生の模範としての主の受難と、悪霊に対する勝利に関する偉大な教えを、つねに心に留めることができますように。

 イエスは、困難な状況と油断のならない誘惑にどのように応じたらよいかを、わたしたちの心のうちに平和をはぐくみながら示してくださいます。その平和とは、無関心でも冷淡さでも超越的な態度でもなく、いのちといつくしみを与えてくださる御父とみ旨に対する信頼に満ちた献身です。御父に完全に従うのではなく、「自分の思うように物事を行いたい」という誘惑をはねつけることによって、イエスはその献身を、地上の生活のあらゆる局面で明らかにしておられます。荒れ野での40日間から受難という頂点に至るまで、イエスは信頼のうちに御父に従うことを通して、誘惑を退けているのです。

 イエスは今日も、エルサレムに入城することにより、その道をわたしたちに示してくださいます。この出来事の中でこの世の不法な権力者は、相手に勝ち誇った態度をとらせるという、とっておきの手を使います。しかし主はへりくだるという独自の道を貫くことによりそれに応じます。

 こうした勝利主義の企ては、近道や不当な妥協によって目的を果たそうとします。勝者の車に便乗しようとするのです。それは、十字架という試練を通らない行いやことばによって成り立っており、他者を横目で見て、つねにその人を自分より劣った人、何か欠けている人、失敗した人とみなすことにより増長します。この企ての一つが世俗主義です。それは最大の脅威であり、教会を脅かすもっとも不誠実な誘惑です(ド・リュバック)。イエスはご自分の受難によって、この企てを打ち破りました。

 イエスは、ご自分の名を唱え、王、救い主だと叫んでいる群衆、若者たちと一緒にいることを心から喜んでおられました。主の心は、イスラエルの貧しい人々の熱狂と興奮を見て、喜びに満たされました。だからこそ、大騒ぎをしている弟子たちをたしなめるよう求めたファリサイ派の人々に、こう答えたのです。「言っておくが、もしこの人たちが黙れば、石が叫びだす」(ルカ19・40)。へりくだることは、真実を否定することではありません。イエスは本当に救い主であり、王なのです。

 しかしその一方で、イエスの心は、別の道を進んでいました。イエスと御父だけが知っておられる聖なる道です。その道は「神の身分」から「しもべの身分」へと進みます。それは自分を無にして、「死に至るまで、それも十字架の死に至るまで」(フィリピ2・6-8)従順に従う歩みです。真の勝利は、神のための場をもうけることによってもたらされ、その唯一の方法は、自分自身を裸にし、無にすることであることをイエスは知っておられます。沈黙し、祈り、そしてはずかしめを受けます。兄弟姉妹の皆さん、十字架に譲歩などありえません。受け入れるか、拒絶するかです。イエスはへりくだることにより、わたしたちのために信仰の道を開き、その道をわたしたちに先立って歩もうと望まれました。

 最初にその道をイエスに従って歩いたのは最初の弟子である聖母マリアでした。おとめマリアと諸聖人は、み旨に従う信仰の道を歩みながら、苦しまなければなりませんでした。人生の中のつらく、痛ましい出来事に信仰をもって向き合うことには、信仰の暗夜と呼ばれる「ある種の心の苦悩」(ヨハネ・パウロ二世回勅『救い主の母』17参照)が伴います。しかしその暗闇があるからこそ、復活の夜明けの訪れを見ることができるのです。十字架の下で、マリアは天使が御子について述べたことばを思い起こします。「その子は偉大な人になり、……神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない」(ルカ1・32-33)。ゴルゴタでマリアはその約束とはまったく違う場面に直面しました。御子が罪人のように十字架の上で死を迎えようとしていたのです。こうして、勝利主義の企ては、イエスのへりくだりによって打ち砕かれましたが、母マリアの心の中でも同様に打ち砕かれたのです。両者とも沈黙を貫きました。

 数えきれないほど多くの聖人が、マリアの足取りをたどり、へりくだりと従順の道をイエスに従って歩んできました。この世界青年の日にあたり、わたしは若い聖人、とりわけ「身近な」聖人のことを話したいと思います。彼らのことは神だけがご存じで、神はしばしばわたしたちを驚かそうとしておられます。親愛なる若者の皆さん、どうか恥ずかしがらずに、イエスへの情熱をあらわにし、「イエスは生きておられる。イエスはわたしたちのいのちだ」と叫んでください。そして、十字架の道をイエスに従って歩むことを恐れないでください。自分自身を捨て、安全を保障するあらゆるものを取り去り、天の御父に完全に身をゆだねるよう求めるイエスの声を聞いたら、大いに喜んでください。皆さんは神の国への道をたどっています。

 喜び祝う声と残虐な拷問。そしてイエスが受難を通して貫いた沈黙が心に響きます。イエスは反論しようという誘惑も、「大物」のように振る舞うことへの誘惑も退けます。暗黒のとき、試練のときには、沈黙していなければなりません。そして、その沈黙が従順なもので、怒りに満ちていなければ、沈黙し続ける勇気をもたなければなりません。従順な沈黙は、弱くて控えめな印象を与えます。ですからここぞとばかりに悪魔が表に出てくるのです。わたしたちは沈黙のうちに「自分の立ち位置から」、そしてイエスと同じ姿勢で、悪魔に対抗しなければなりません。その戦いは神とこの世の王との間のものです。大切なことは剣に手をかけずに、信仰を固く守ることであることを、イエスはご存じです。それは神のときです。それは、神が戦いに来られ、神に勝っていただくときです。わたしたちの逃れ場所は、聖母のマントの下です。主が来て嵐をしずめてくださる(マルコ4・37-41参照)のを待ちながら、わたしたちは、沈黙と祈りのうちにあかしすることにより、自分自身と他の人々に自らが「抱いている希望について説明」(一ペトロ3・15)します。そのことは、交わされた約束の記憶と、十字架における苦しみと、復活の希望の間の聖なる緊張感を味わう助けとなるでしょう。

PAGE TOP