教皇フランシスコ、2019年4月20日復活徹夜祭ミサ説教

教皇フランシスコ、2019年4月20日復活徹夜祭ミサ説教 1.婦人たちは香油をもって墓に向かいますが、大きな石が入り口をふさいでいるために、行っても無駄になるのではないかと心配します。彼女たちの足取りは、わたしたち自身の […]

教皇フランシスコ、2019年4月20日復活徹夜祭ミサ説教

1.婦人たちは香油をもって墓に向かいますが、大きな石が入り口をふさいでいるために、行っても無駄になるのではないかと心配します。彼女たちの足取りは、わたしたち自身の歩みでもあります。それは今夜、わたしたちがたどる救いの歩みとも似ています。すべてが石にさえぎられると思えるときがあります。被造物の美しさが罪の悲劇に、隷属からの解放が契約への背きに、預言者の約束が人々の怠惰な無関心さにさえぎられるように思われるのです。教会の歴史も、わたしたち自身の歴史もそうです。自分が踏み出す足取りが、決して目的地に至らないように思えます。打ち砕かれた希望が、人生の暗いおきてだと考えるようになるのです。

 しかし今日、わたしたちの歩みが無駄でないことが明らかになります。その歩みは、墓石にさえぎられません。一つのことばが婦人たちを驚かし、歴史を変えます。「なぜ、生きておられるかたを死者の中に捜すのか」(ルカ24・5)。なぜ、すべてに望みがないと考えるのですか。なぜ、あなたの墓石をだれも動かすことができないと考えるのですか。なぜ、あきらめや挫折に陥るのですか。兄弟姉妹の皆さん、復活祭は墓石がわきに転がされ、取り除かれたことを祝う日です。神は死、罪、恐れ、世俗性といった、わたしたちの望みと期待を打ち砕く固い石を取り除いてくださいます。人間の歴史は今日、「生きた石」(一ペトロ2・4)に出会うのですから、墓石の前で終わることはありません。たとえ、キリストの上に築かれた教会であるわたしたちが落胆し、自分の過ちに照らしてすべてを判断するようになっても、キリストがすべてを新たにし、あらゆる失意をくつがえすために来てくださいます。わたしたちは皆、自分たちの心からもっとも重い石を取り除いてくださるかたを、生きておられるキリストのうちに今夜、改めて見いだすよう招かれています。ですから「取り除く必要のある石とはどのようなものだろうか。その石は何という石だろうか」と、まず自らに問いましょう。

 希望をふさぐのは、多くの場合、不信という石です。すべてが悪い方向に進んでおり、事態はこれ以上悪くなりえないと思い始めるとき、わたしたちは落胆し、死がいのちより強いと考え、冷笑的で意気消沈した状態になります。石の上に石を積み上げながら、「希望の墓」という碑を不満のうちに心の中に築きます。人生は不平の連続になり、心が病んでいきます。こうしてある種の墓の心理がまかり通り、すべてがそこで終わってしまい、復活の希望も失われます。しかしそのとき、わたしたちは復活祭に何度も問われることばを再度、耳にします。「なぜ、生きておられるかたを死者の中に捜すのか」。主はあきらめの中にはおられません。主は復活され、そこにはおられません。主を見つける見込みがまったくない場所を探さないでください。主は死んだ者の神ではなく、生きている者の神です(マタイ22・32参照)。希望を葬ってはなりません。

 心をたびたび覆って閉ざす石がもう一つあります。それは罪という石です。罪は誘惑します。罪は物事が簡単に早く片付くこと、豊かさと成功が得られることを約束しますが、あとに残るのは孤独と死だけです。罪とは、死者の中に生きているかたを探し、過ぎゆくものの中にいのちの意味を求めることです。「なぜ、生きておられるかたを死者の中に捜すのか」。なぜ、あなたの心の入り口をふさぐ石のように、神の差し込む光を妨げる罪を退けることを決意しないのですか。なぜ、富、成功、名声、快楽の光沢よりも、まことの光(ヨハネ1・9参照)であるイエスを優先しないのですか。なぜ、あなたが世俗の空しいことがらのために生きているのではなく、いのちの主のために生きていることを伝えないのですか。

2.イエスの墓に行った婦人たちに再び目を向けましょう。彼女たちは取り除かれた石の前で、驚いて立ち止まりました。福音に記されているように、彼女たちは天使を見て立ち止まり、「恐れて地に顔を伏せ」(ルカ24・5)ていました。顔を上げる勇気がなかったのです。わたしたちも何度同じ動作をすることでしょう。自分の限界の中で縮こまり、恐れて身を隠そうとするのです。どうしてそんな変なことをするのでしょう。その主な理由は、ふさぎ込んで自分の中に閉じこもっていれば、自分が主人公になるからです。主に自らを開け放つより、心の闇の中に独りでとどまる方が簡単なのです。それでも主は、わたしたちを起き上がらせてくださいます。ある詩人は、「起き上がるよう呼びかけられるまで、わたしたちは自分がどれほど高いところにいるのか分からない」(エミリー・ディキンソン)と記しています。主はわたしたちが目覚め、主のことばを聞いて再び起き上がり、目を上げ、自分たちは地上のためではなく天のため、死の深みのためではなくいのちの高みのために造られたことを認めるよう呼びかけておられます。「なぜ、生きておられるかたを死者の中に捜すのか」。

 神がご覧になるようにいのちを見つめるよう、神はわたしたちに求めておられます。神はわたしたち一人ひとりの中に、朽ちることのない美しさの種をつねに見ておられるからです。神は、立ち直らせるべき子らを罪のうちに、新たに生まれるべき兄弟姉妹を死のうちに、そして慰められるべき心を孤独のうちに見つめておられます。ですから恐れないでください。あなたが自分の人生を見つめ、その人生を担うことに恐れを感じても、主はあなたの人生を愛してくださいます。主はあなたをどれほど愛しておられるかを、復活祭に明らかにしてくださいます。主は、苦悩や孤立、死、地獄などの体験をすべて生き抜くほどにあなたを愛し、勝利のうちに現れ、「あなたは独りではない。わたしを信頼しなさい」と告げてくださいます。

 イエスは、死をいのちに、嘆きを踊りに変える(詩編30・12参照)達人です。わたしたちもイエスとともに、過越を体験することができます。それは、自己中心から交わりへ、嘆きからいやしへ、恐れから信頼への過越です。恐れて顔を伏せるのではなく、復活したイエスに向けて目を上げましょう。イエスの視線は、わたしたちが無限に愛されていること、どんな過ちを犯してもイエスの愛は変わらないことを物語っており、わたしたちを希望で満たします。わたしたちが人生の中で抱く唯一の揺るぎない確信は、イエスの愛は変わらないということです。「わたしは人生の中でどこを見ているだろうか。墓場を見つめているだろうか。それとも生きておられるかたを探しているだろうか」と自分自身に問いましょう。

3. 天使は婦人たちに「なぜ、生きておられるかたを死者の中に捜すのか」と語りかけ、さらに付け加えました。「まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい」(ルカ24・6)。彼女たちは、ガリラヤで告げられたイエスのことばを思い出せなかったために、希望を失いました。イエスの鮮明な記憶を忘れ、墓ばかり見ていました。信仰は、ガリラヤに戻り、イエスへの最初の愛と、イエスの呼びかけを思い起こすこと、すなわちイエスを思い起こすこと、心からイエスに立ち返ることをつねに必要とします。主に対する生き生きとした愛に立ち返ることが不可欠なのです。そうでなければ、わたしたちの信仰は、復活祭の信仰ではなく、博物館の信仰になってしまいます。イエスは過去の人物ではなく、今も生きておられるかたです。歴史の教科書でイエスを知るのではなく、実生活の中でイエスに出会うのです。イエスが最初にどのようにわたしたちに呼びかけたか、どのようにわたしたちの暗闇や抵抗や罪を打ち負かしたか、イエスのことばがどのようにわたしたちの心に触れたかを、今日、思い起こしましょう。

 兄弟姉妹の皆さん、ガリラヤに戻りましょう。

 婦人たちはイエスを思い起こしながら、墓から出ました。信者は墓場にいつまでもいないで、生きておられるかたを探しに行くよう招かれていることを、復活祭は教えてくれます。「わたしは人生の中で、どこに向かっているのだろう」と自らに問いましょう。ときには、尽きることのない問題のみに向かって進み、助けを求めるときにだけ主に向かいます。しかしその場合、わたしたちの足取りを方向づけるのはイエスではなく、わたしたち自身のニーズです。生きておられるかたを死者の中に探し続けているのです。また、主に出会った後にも、わたしたちはどれほど頻繁に死者の中に戻り、復活した主によって変えられることもなく、自分の嘆き、後悔、傷、不満について思いめぐらしながら、心の中をさまよっていることでしょう。

 兄弟姉妹の皆さん、生きておられるかたを自分の人生の中心にしましょう。目先のことや、山ほどある問題に惑わされないよう、恵みを願い求めましょう。罪の浅瀬や、失望と恐怖という暗礁に乗り上げずに進めるよう、恵みを願い求めましょう。イエスを探し求めましょう。そしてイエスに自分たちを見つけていただきましょう。何よりもまずイエスを探し求めましょう。そうすれば、わたしたちもイエスとともに復活するでしょう。

PAGE TOP