教皇フランシスコ、2019年4月7日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年4月7日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 四旬節第五主日の今日の典礼は、姦通の罪で捕らえられた女性のエピソードを示しています(ヨハネ8・1-11)。この箇所には二つの対照的な姿勢が見られます。一方は律法学者とファリサイ派の人々で、もう一方はイエスです。前者は、自分は律法の守護者であり、律法を忠実に守っていると自負しているので、この女性を非難します。一方イエスは、ゆるしによってあがない、和解によって新たにしてくださる神のいつくしみを体現しておられるので、彼女を救おうとします。

 それではこの話に目を向けましょう。イエスが神殿で教えていると、律法学者とファリサイ派の人々が姦通の罪で捕らえられた女性を連れてきます。彼らは彼女を真ん中に立たせ、モーセの律法で定められているように彼女に石を投げるべきかイエスに尋ねます。彼らがこの質問をしたのは、「イエスを試して、訴える口実を得るため」(6節)であったと、福音記者ヨハネは説明しています。彼らには悪意に満ちた意図があったことでしょう。もし石打ちをすることにイエスが「ノー」と言えば、律法に背いたかどでイエスを告訴する口実が得られるし、もし「イエス」と言えば、ローマ帝国にそのことを報告すればよいと彼らは考えていたのです。ローマ帝国は、そうした刑罰を決める権限をもっており、人々が私的に制裁を加えることを認めなかったからです。イエスはこの問いに答えなければなりません。

 イエスに尋ねた人々は、狭量な考え方にとらわれており、自分たちの判断や非難の基準に合わせるよう御子を仕向けようとします。しかし、イエスは人を裁き、とがめるためではなく、人を救い、新しいいのちを与えるためにこの世に来られました。ご自分を試そうとするこの企てにイエスはどう応えるでしょう。まず、しばらく黙り、それから身をかがめて地面に指で何か書き続けます。それは、唯一の立法者、審判者は、律法を石に刻んだ神であることを伝えているかのようです。そしてイエスは言います。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」(7節)。イエスはこのようなしかたで、そこにいた人々の良心に訴えかけます。彼らは自分が「正義の覇者」だと思っていますが、イエスは彼ら自身も罪びとであり、自分と同じ人間の一人の生死を決める権利を主張することはできないことを、彼らに思い起こさせます。そこで、年長者――自分の過ちをもっともよく認識している人――から始まって、一人また一人と、その女性に石を投げずに立ち去ります。この話は、自分も罪びとであることを認め、自分の手から中傷や非難という石を捨てるようわたしたち一人ひとりを招いています。わたしたちはその石を他者に向けて投げたいという思いにかられがちです。人の悪口を言うとき、わたしたちは石を投げています。わたしたちもその場にいた人々と同じなのです。

 そして最後には、イエスとこの女性だけが真ん中に残されます。聖アウグスチヌスは「あわれな女とあわれみあるかた」(「ヨハネによる福音書講解説教」33、5)と記しています。イエスこそが、過ちを犯していない唯一の人、彼女に石を投げることのできる唯一の人でしたが、そうしませんでした。神は悪人が死ぬのを喜ぶのではなく、むしろ悪人がその道から立ち返って生きることをお喜びになるからです(エゼキエル33・11参照)。そしてイエスは、「行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない」(ヨハネ8・11)というすばらしいことばで、彼女を立ち去らせます。このように、イエスはいつくしみによって築かれた新しい道を彼女のために切り開きます。それは、もう罪を犯さないよう努力することを求める道です。この招きは、わたしたち一人ひとりにも当てはまります。わたしたちをゆるしてくださるとき、イエスはつねに進むべき新しい道を切り開いてくださいます。この四旬節の間、わたしたちは自分たちが罪びとであることを自覚し、神にゆるしを求めるよう招かれています。そして、ゆるしによって和解と平和がもたらされるときには、新たにされて再び、歩き出しましょう。あらゆる真の回心は新しい未来、新しいいのち、美しい祈り、罪のないいのち、寛大ないのちに向かっています。イエスはこの新しいいのちへの扉をわたしたちのために開いてくださるのですから、恐れずにイエスにゆるしを乞いましょう。神のいつくしみ深い愛のすべてをあかしできるよう、おとめマリアがわたしたちを助けてくださいますように。神はつねに新たな可能性を与えることにより、イエスを通してわたしたちをゆるし、いのちを新たにしてくださるのです。

PAGE TOP