教皇フランシスコ、2019年4月28日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年4月28日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音箇所(ヨハネ20・19-31参照)には、復活の日の夕方に、イエスが高間にいた弟子たちに現れ、三つのたまものを与えたことが記されています。そのたまものとは、平和、喜び、そして使徒としての宣教です。

 イエスが最初に告げたことばは、「あなたがたに平和があるように」(21節)です。復活したイエスは、真の平和をもたらします。イエスは十字架上でいけにえになることによって、神と人間との和解を成し遂げ、罪と死に打ち勝ったからです。それこそが平和です。弟子たちはその平和を何よりも必要としていました。師であるイエスが捕らえられ、死刑にされて以来、彼らは頼るものもなくおびえていたからです。イエスは彼らの中に生き生きとした姿で現れ、ご自分のからだに残された栄光にあふれる傷――イエスはご自分の傷を残したいと望みました――を見せ、ご自身の勝利の実りである平和を与えます。しかしそのとき、使徒トマスはそこにいませんでした。この偉大な出来事を知らされても、彼は他の使徒たちのことばを信じることができず、彼らが主張することの真偽を自分で確かめたいと望みます。その八日後、前と同じようにイエスが再び現れます。疑っているトマスにイエスは、ご自分の傷に触れてみなさいと言います。それらの傷は、人間に敵対する罪と死の力を打ち破ったイエスの、はかり知れない愛のしるしであり、平和の源です。イエスはその傷に触れてみなさいと、トマスに言います。これはわたしたちへの教えでもあります。「平和のうちに過ごしていないのなら、わたしの傷に触れなさい」と、イエスが一人ひとりに語りかけているかのようです。

 イエスの傷は、数多くの苦しんでいる人が抱える多様な問題、苦境、迫害、病気です。どうかその傷に触れてください。あなたは平和のうちに過ごしていないのですか。どうか出かけてください。そして、イエスの傷が象徴するだれかのもとを訪ねてください。イエスの傷に触れてください。そうすれば、いつくしみがその傷からあふれ出ます。今日が「神のいつくしみの主日」なのは、そのためでもあるのです。ある聖人が以前、こんなことを言っていました。十字架につけられたイエスのからだは、いつくしみの塊のようなものです。イエスの傷を通して、わたしたち一人ひとりにいつくしみが注がれるのです。わたしたちは皆、自分にはいつくしみが必要であると自覚しています。イエスに近づき、苦しんでいる兄弟姉妹を通してイエスの傷に触れましょう。イエスの傷は宝です。いつくしみがそこから湧き出るからです。勇気をもってイエスの傷に触れましょう。イエスはその傷とともに御父の前に立ち、御父にその傷を示します。「父よ、これこそが、わたしが兄弟姉妹のために払った代償である傷です」と言っておられるかのようです。イエスはご自分の傷によって、御父の前で執り成してくださいます。わたしたちがイエスに近づくなら、イエスはいつくしみを与え、わたしたちのために執り成してくださいます。どうかイエスの傷を忘れないでください。

 復活したイエスが弟子たちに与えた第二のたまものは、喜びです。「弟子たちは、主を見て喜んだ」(20節)と福音記者ヨハネは記しています。ルカによる福音書には、彼らが喜びのあまり信じられなかったという記述が加えられています。わたしたちも、途方もなく素晴らしいことが起きたら、「とても信じられない。こんなことはあり得ない」と言うのではないでしょうか。弟子たちもそういった状態だったのです。彼らは喜びのあまり信じられませんでした。これこそが、イエスからもたらされる喜びです。悲しいとき、平和のうちに過ごしていないときには、十字架につけられたイエスを見てください。復活したイエスを見てください。イエスの傷を見て、喜びを受けてください。

 平和と喜びに加えて、イエスはさらに宣教というたまものも弟子たちに与えます。イエスは彼らに言います。「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす」(21節)。イエスの復活は、世界を聖霊の働きによって変えることのできる新たな愛のダイナミズムの始まりなのです。

 復活節第二主日である今日、わたしたちは平和と喜びと宣教に心を開きながら、信仰をもってキリストに近づくよう招かれています。イエスの傷を忘れないようにしましょう。その傷から平和と喜びと宣教する力が湧き出るのです。天と地の元后であるおとめマリアの母としての執り成しに、この祈りをゆだねましょう。

PAGE TOP