教皇フランシスコ、2019年5月19日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年5月19日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音箇所は、わたしたちを高間へと導き、受難の前にイエスが弟子たちに話した「告別説教」の一部をわたしたちに聞かせてくれます。イエスは十二使徒の足を洗った後に、「あなたがたに新しいおきてを与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」(ヨハネ13・34)と言います。しかし、このおきてはどういう意味で「新しい」のでしょうか。ご存じのように、神はすでに旧約において、自分自身を愛するように隣人を愛しなさいと、ご自分の民に命令しておられます(レビ19・18参照)。律法の中でどのおきてがもっとも重要であるか尋ねられ、イエスはこう答えます。第一のおきては精神を尽くし、思いを尽くして神を愛することであり、第二のおきては隣人を自分のように愛することです(マタイ22・38-39参照)。

 それでは、イエスが弟子たちに託したこの命令の新しさとは何なのでしょうか。なぜイエスは「新しいおきて」と呼ぶのでしょうか。愛の古いおきてが新しくなったのは、「わたしがあなたがたを愛したように」ということばが付け加えられたからです。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」。その新しさのすべては、イエス・キリストの愛のうちにあります。イエスはその愛のうちに、わたしたちのためにご自身のいのちを与えてくださいました。それは条件も際限もない、普遍的な神の愛です。その愛は十字架上で頂点に達します。御子は、どこまでもへりくだり、御父に身をささげたときに、完全な愛を世界に示し、与えました。キリストの受難と苦しみを思い返しながら、弟子たちはイエスのこのことばの意味を理解したのです。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」。

 最初にわたしたちを愛してくださったのは、イエスです。わたしたちには弱点や限界、人間としての弱さがあるにもかかわらず、イエスはわたしたちを愛してくださいます。イエスの計り知れない永遠の愛にふさわしい者にわたしたちを変えてくださるのは、イエスご自身にほかなりません。イエスは、この新しいおきてを与えることにより、わたしたちの愛だけでなく、ご自分の愛をもって互いに愛し合うよう求めておられます。イエスの愛は、信仰をもってイエスに祈り求めるときに、聖霊によってわたしたちの心に注がれます。こうして――こうしてはじめて――わたしたちは自分自身を愛するように愛するだけでなく、イエスがわたしたちを愛するように、つまりはるかに深く互いに愛し合うようになります。神はまさに、わたしたちが自分自身を愛するよりもはるかに深く、わたしたちを愛してくださいます。だからこそわたしたちは、人間関係を刷新し、希望の地平を切り開いてくれる愛の種を、あらゆる場所にまくことができるのです。イエスはつねに希望の地平を切り開いてくださいます。イエスの愛は希望の地平を開け放ちます。その愛は、わたしたちを主における兄弟姉妹という新しい人に、つまり教会という神の新しい民にします。そしてその中では、皆がキリストを愛し、キリストにおいて互いに愛し合うよう招かれているのです。

 キリストの十字架のうちに明らかにされた愛、キリストがわたしたちに実践するよう招いている愛だけが、石のような心を血の通った心に変えることができます。イエスの愛は、わたしたちもその愛をもって愛するならば、自分の心を変えることのできる唯一の力です。その愛によりわたしたちは、敵を愛し、自分に危害を加えた人をゆるせるようになります。一つ質問します。皆さんはそれぞれ、心の中で答えてください。敵を愛することができますか。だれにも、――敵と言えるかどうか分かりませんが――相性の悪い人、「自分と対立する」人がいますし、自分を傷つけた人がいる場合もあります。それらの人々、自分を傷つけ、苦しめた人々を愛せますか。そうした人々をゆるせますか。心の中で各自、答えてください。イエスの愛は、イエスの友から成る共同体の現在と未来の一員として、他者をわたしたちに示しています。その愛は、対話へとわたしたちを駆り立て、互いに耳を傾け、理解し合えるよう支えます。それは、他者に向けてわたしたちを開け放つ、人間関係の源です。その愛があるから、自分自身の弱さや偏見という壁を超えることができるのです。わたしたちの中にあるキリストの愛は、橋を架け、新しい道へと導き、兄弟愛を促します。御子イエスのおきてというたまものをイエスから受け、日常生活の中でそのおきてに従う力を聖霊から受けられるよう、おとめマリアが母として執り成してくださいますように。

PAGE TOP