日本カトリック正義と平和協議会―北東アジアの平和のためのシンポジウム※延期となりました。

※下記のシンポジウムは台風19号の影響で延期となりました。 日本カトリック正義と平和協議会改憲対策部会 主催  北東アジアの平和のためのシンポジウム 「韓国の人々と手を取り合うために」 戦後最悪と言われる今日の日韓関係。 […]

※下記のシンポジウムは台風19号の影響で延期となりました。

日本カトリック正義と平和協議会改憲対策部会 主催 
北東アジアの平和のためのシンポジウム

「韓国の人々と手を取り合うために」



戦後最悪と言われる今日の日韓関係。
韓国と日本がもう一度手を取り合うために、教会は、市民社会は何ができるかを考えます。

「戦後最悪と言われる今日の日韓関係。
韓国から日本はどんな風に見えているのか。
わたしたち日本人の韓国を見るまなざしは歪んでないか。
韓国と日本がもう一度手を取り合うために、教会は、市民社会は、何ができるのか。」

日時: 2019年10月13日(日) 13:30-16:30 (開場13:00)
場所: イエズス会岐部ホール 4階404室
(JR中央線・東京メトロ 四ツ谷駅下車3分  麹町教会敷地内)
パネリスト: 李泳采(恵泉女学園大学教員)   
3・1独立運動100年に考える日韓関係の行方ー「敵」と煽っているのは誰なのか
加藤直樹(ノンフィクション作家)   
韓国を見えなくさせているもの、日本を見えなくさせているもの
Sr.古屋敷一葉(援助修道会会員) 
体験から見る、平和の使徒としての日韓カトリック教会
参加費: 無料
お問い合わせ: 日本カトリック正義と平和協議会
TEL 03-5632-4444
お問い合わせフォーム
※お問い合わせ内容欄に
「北東アジアの平和のためのシンポジウムの件」とお書きください。

ダウンロード

PAGE TOP