教皇フランシスコ、2019年7月21日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年7月21日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ10・38-42参照)では、ラザロの姉妹であるマルタとマリアの家をイエスが訪れたときのことを福音記者ルカが伝えています。二人はイエスをもてなします。マリアはイエスの足元に座ってイエスの話に耳を傾けます。それまでしていたことをやめて、イエスのそばにいます。イエスのことばを一言も聞き逃したくないのです。わたしたちの人生にイエスが訪ねて来られたら、あらゆることを後回しにします。イエスがおられることと、イエスのことばが何よりも優先されるのです。

 主はつねにわたしたちを驚かせます。イエスのことばを真に集中して聞けば、雲が消え去り、疑いが真理に、恐れが安心感に変わります。そして人生のさまざまな場面がしかるべき場所を見いだします。主はわたしたちのもとに来られ、すべてを、わたしたちをも整えてくださいます。

 イエスの足元にベタニアのマリアがいる場面を通して聖ルカが示しているのは、祈りをささげるという信者の姿勢です。信者はイエスのことばを聞き、イエスと同じように行うために、イエスがおられるところに留まります。それは、一日に数分間黙想し、沈黙のうちに意識を集中させ、「通っておられる」主を迎え入れ、しばらくの間、勇気をもって「主と自分だけの時間を過ごす」ことを意味します。そうすれば、その後に落ち着きと活力をもって日々の出来事に向かうことができるのです。「良い方を選んだ」(42節)マリアをほめつつ、イエスはわたしたち一人ひとりに何度も語りかけているように思われます。「人生で課せられた使命を十分に果たすためには、やるべきことに明け暮れずに、何よりもまず主の声に耳を傾けてください」。

 そしてもう一人の姉妹、マルタがいます。聖ルカによれば、イエスを迎え入れたのはマルタです(38節参照)。はっきりとは分かりませんが、おそらくマルタの方が年上でしょう。マルタには確かに歓待のカリスマがあります。マリアがイエスに聞き入っている間、マルタは多くの用事に完全に振り回されています。ですからイエスは彼女に言います。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している」(41節)。このことばを通して、イエスはもちろん、マルタの行いではなく、何度も思い悩んでいることをとがめています。わたしたちも聖マルタと同じように思い悩みます。そして、すべての人、とりわけ小さな子どもや、わたしたちの扉をたたく貧しい人が、「自分の家にいるかのように」くつろげるようにするために、マルタの模範に従い、自分の家族や共同体の中で、歓待と兄弟愛を人々が確かに感じるよう努めています。

 このように心の知恵は、観想と活動という二つの要素をどのように調和させるかを知ることによってもたらされることを、今日の福音朗読は伝えています。マルタとマリアが道を示しています。喜びをもって人生を味わいたいのなら、この二つを結び付けなければなりません。あらゆることの秘密を明らかにしておられるイエスのことばを聞くために、その「足もとにいる」一方で、しばしの休息と友愛に満ちたときを過ごしたいと望む友の顔で、わたしたちの前を通り、扉をたたいているイエスを迎え入れられるよう気を配り、準備するのです。歓待は無くてはならないものです。

 マルタの手とマリアの心をもって神と兄弟姉妹を愛し、神と兄弟姉妹に仕える恵みを、教会の母である至聖なるマリアが与えてくださいますように。そうすればわたしたちは、キリストにつねに耳を傾けることを通して、平和と希望のつくり手になれます。これはとても興味深いことです。この二つは、わたしたちを平和と希望のつくり手にするのです。

PAGE TOP