教皇フランシスコ、2019年9月1日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年9月1日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 まず、ちょっとした事故のために遅れが生じたことをお詫びしたいと思います。25分間、エレベーターの中に閉じ込められてしまいました。停電のためにエレベーターが止まったのです。消防隊の方々が来てくださったことを神に感謝します。彼らにも心から感謝しています。25分間の作業の末に、元通りになりました。消防隊の皆さんに拍手しましょう。

 今日の福音朗読(ルカ14・1、7-14参照)には、イエスがファリサイ派のある議員の家の婚宴に出られたときのことが記されています。イエスは招待客が上席につこうと急ぐ様子をご覧になります。それは今でもよく見られる光景です。宴会のときだけでなく普段でも、人は他者よりも自分が優位に立っていることを示すために、上座につこうとします。上座につこうとするこの競争は実際、社会にも教会共同体にも害を及ぼします。それにより兄弟愛が損なわれるからです。それはさらに上に行くために、いつも登り続ける人です。だれもがそうした人々に会っています。彼らは兄弟愛に害を及ぼし、兄弟愛を傷つけます。その光景を見て、イエスは二つのたとえ話をします。

 最初のたとえ話は、婚宴に招かれた客に向けられたもので、上座につこうとしないよう説いています。「あなたよりも身分の高い人が招かれており、あなたやその人を招いた人が来て、『このかたに席を譲ってください』と言うかもしれない。そのとき、あなたは恥をかいて末席に着くことになる」(8-9節)からです。なんと恥ずかしいことでしょう。そうではなくイエスはその正反対のことをするよう教えています。「招待を受けたら、むしろ末席に行って座りなさい。そうすると、あなたを招いた人が来て、『さあ、もっと上席に進んでください』と言うだろう」(10節)。ですから、自分の行いに他者の視線や注意を引きつけようとするのではなく、むしろそうなるよう他者にゆだねましょう。イエスはつねに謙虚になるすべを教えています。謙虚になるすべを学ばなければなりません。それこそが、真の人間関係を結ぶことのできる真の方法だからです。ピアモンテの方言では「おとなしそうに見える」と表現される、いつわりの謙虚さではなく、真の謙虚さです。

 第二のたとえ話では、イエスはだれを招くかを決める方法について招待者に説いています。「宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、からだの不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。そうすれば、その人たちはお返しができないから、あなたは幸いだ」(13-14節)。ここでもイエスは完全に時流に逆らい、いつものように御父の論理を示します。そして、この話を読み解く鍵を付け加えます。その鍵とはどんなことでしょうか。それは、もしあなたがそのように振る舞うなら、「正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる」(14節)という約束です。そのように振る舞う人は、人間からの報いよりもはるかに偉大な神の報いを受けるということです。わたしがあなたのためにこうするのは、あなたが同じことをわたしにしてくれると期待しているからです。それではいけません。キリスト者としてふさわしくありません。キリスト者は謙虚で、寛大であるべきです。人間同士が報い合うことは、往々にして人間関係を傷つけます。寛大で無償であるべき人間関係に、個人的な利害を加えることにより、相手を「利益を得るための存在」にしてしまうのです。そうではなく、イエスは無欲で寛大になり、より大きな喜びへの道を切り開くよう招いています。その喜びとは、わたしたち皆を、天の宴席で待っていてくださる神の愛にあずかる喜びなのです。

 わたしたちが自分の小さな姿をありのままに認め、報いを求めずに喜んで与えることができるよう、「いかなる被造物にもまして低められ、高められたる者」(ダンテ『神曲、天国篇』第33歌2〔寿岳文章訳、『神曲天国篇』集英社〕)であるおとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP