教皇フランシスコ、2019年10月6日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年10月6日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ17・45-10参照)は、信仰をテーマとしています。はじめに、弟子たちが「わたしどもの信仰を増してください」(5節)と願います。「主よ、わたしたちの信仰を増してください」。これは、一日中、何度も唱えるべき美しい祈りです。イエスはからし種と、仕えるしもべという二つの象徴を用いて応じます。「もしあなたがたにからし種一粒ほどの信仰があれば、この桑の木に、『抜け出して海に根を下ろせ』と言っても、言うことを聞くであろう」(6節)。桑の木は、地にしっかりと根を張り、風にも負けない頑丈な木です。したがって信仰は、たとえ取るに足りないものであっても、桑の木のような頑丈な木さえも引き抜く力や、その木を海に植え替えるという途方もないことを行う力をもっていることを、イエスは教えようとしておられます。信仰者には不可能なことはありません。自分の力ではなく、全能の神に頼っているからです。

 からし種にたとえられる信仰とは、うぬぼれることも、自信過剰になることもない信仰です。立派な信者のふりをしながら、ときどき失態をさらすことはありません。信仰とは、自分は何よりも神を必要としているということを謙虚に認め、神を完全に信頼しながら、取るに足らない者として、自らを神にゆだねることです。信仰は、人生の中で次々に起こる出来事を希望をもって見据える力を与え、さらには最後には悪が勝つことは決してないし、これからもないと確信しながら、敗北や苦しみさえ受け入れられるよう助けます。

 自分が信仰を真にもっているかどうか、つまり、自分の信仰が、たとえ取るに足らなくとも、真正で純粋で誠実であるかどうかは、どうしたら分かるのでしょう。イエスは、信仰の基準となるのは「仕えること」であることを示しながら、そのことを説明しています。そして、横暴で冷淡な主人が登場するために、一見、混乱を招くように思えるたとえ話をします。しかしこの主人の行いこそが、このたとえ話の真の核心、つまり仕える備えがつねにできているという姿勢を際立たせています。神のみ前で信仰者がとるべき姿とは、打算も自己主張も行わずに、完全にみ旨に自らをささげることだということを、イエスは教えようとしておられます。

 神に対するこの姿勢は、共同体としての行動様式にも反映されます。つまり、喜んで互いに仕え合い、感謝も見返りも求めずに、その行いそのものの中にすでに報いを見いだすのです。この話の結末でイエスが教えておられるとおりです。「自分に命じられたことをみな果たしたら、『わたしどもは取るに足りないしもべです。しなければならないことをしただけです』と言いなさい」(10節)。

 取るに足りないしもべとは、感謝されることを期待せず、要求することもない人です。「わたしたちは取るに足りないしもべです」ということばは、謙虚さと、役に立ちたいという意欲の表れです。それは、教会のために極めて役立つことであり、教会の中で働く際の正しい姿勢、つまり謙虚に仕えるということを伝えています。イエスは弟子たちの足を洗うことによって、その模範を示してくださいました(ヨハネ13・3-17参照)。
 
 わたしたちがこの道を歩んでいけるよう、信仰の聖母、おとめマリアが助けてくださいますように。ロザリオの聖母の記念日の徹夜祭に、恒例の祈願のためにポンペイに集まっている信者の皆さんと心を合わせて、マリアに祈りましょう。

PAGE TOP