トップページへ
更新履歴
お知らせ
特集
カトリック教会
バチカン組織図
教皇関連
典礼解説
公文書
Web文書館
出版案内
ひとくちメモ
カトリック中央協議会
各委員会
案内図
リンク
English



聖母の被昇天
尊者・福者・聖人
イエスのみ心の月
聖霊降臨
主の昇天
聖母月とロザリオ
「お告げの祈り」と
「アレルヤの祈り」

過越の聖なる三日間と復活
主の変容 変容の祝日
待降節とクリスマス(降誕祭)
死者の日
日本と聖母マリア
ローマ法王とローマ教皇
四旬節 断食(大斎・小斎)
バレンタインデーと教会
世界病者の日 ルルドの聖母
日本26聖人殉教者





はじめにお知らせ特集カトリック教会の概説バチカン教皇関連典礼解説更新履歴
公文書Web文書館出版案内ひとくちメモ中央協議会各委員会案内図リンク
前画面に戻る 「ひとくちメモ」インデックスへ トップページへ

「ローマ法王」と「ローマ教皇」、どちらが正しい?


「ローマ法王」と「ローマ教皇」、どちらが正しい?

「新聞を見ると『ローマ法王』と書いてあり、教会の文書には『ローマ教皇』と書いてあります。どちらが正しい表記ですか?」 このような質問が多く寄せられます。簡単に説明します。

教会では「ローマ教皇」を使います。
ローマ法王?ローマ教皇?
 以前はたしかに、日本のカトリック教会の中でも混用されていました。そこで日本の司教団は、1981年2月のヨハネ・パウロ2世の来日を機会に、「ローマ教皇」に統一することにしました。「教える」という字のほうが、教皇の職務をよく表わすからです。

その時以来、たびたびマスコミ各社に「ローマ教皇という名称を使ってください」とお願いしていますが、残念ながら実現していません。




バチカン大使館は、「ローマ法王庁大使館」

 ところが東京都千代田区三番町にある駐日バチカン大使館は「ローマ法王庁大使館」といいます。
なぜでしょうか?
 日本とバチカン(ローマ法王庁、つまりローマ教皇庁)が外交関係を樹立した当時の定訳は「法王」だったため、ローマ教皇庁がその名称で日本政府に申請。そのまま「法王庁大使館」になりました。日本政府に登録した国名は、実際に政変が起きて国名が変わるなどしない限り、変更できないのだそうです。

 こうしていまでも「法王」と「教皇」が混用されているのです。
 
 皆様には、「教皇」を使っていただくよう、お願いする次第です。




教皇関連情報

特集 フランシスコ
特集 ベネディクト十六世
特集 ヨハネ・パウロ二世



前画面に戻る 「ひとくちメモ」インデックスへ トップページへ
お問い合わせ info@cbcj.catholic.jp ©カトリック中央協議会 免責・禁忌事項