諸文書

教皇フランシスコ、2022年6月26日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2022年6月22日一般謁見演説 15. ペトロとヨハネ

 

第16回通常総会シノドス教区回答の御礼

SYNODL22-1 2022年6月27日 枢機卿、大司教、司教各位 各教区シノドス担当者各位 日本カトリック司教協議会 シノドス全国担当・東京大司教 タルチシオ 菊地 功 第16回通常総会シノドス教区回答の御礼 ■はじ […]

教皇フランシスコ、2022年6月19日「お告げの祈り」でのことば

 

談話 沖縄慰霊の日にあたって(日本カトリック正義と平和協議会)

談話 沖縄慰霊の日にあたって  今年は1972年5月15日、沖縄が日本に「復帰」してから50年の節目の年です。沖縄は、第二次世界大戦後のサンフランシスコ講和条約により日本が主権を回復したのちも、米国による支配が継続し極東 […]

第2回「祖父母と高齢者のための世界祈願日」教皇メッセージ 2022年7月24日

第2回「祖父母と高齢者のための世界祈願日」教皇メッセージ 2022年7月24日 「白髪になってもなお実を結び」(詩編92・15) 最愛なる仲間の皆さん  詩編92の一節「白髪になってもなお実を結び」(15節)は、よい知ら […]

教皇フランシスコ、2022年6月15日一般謁見演説 14. 感謝のうちに学ぶ信仰の喜びあふれる奉仕(マルコ1・29―31参照)

 

教皇フランシスコ、2022年6月12日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2022年6月8日一般謁見演説 13.ニコデモ「年をとった者が、どうして生まれることができましょう」(ヨハネ3・4)

 

教皇フランシスコ、2022年6月5日「アレルヤの祈り」でのことば

 

「船員の日」メッセージ 2022年

2022年 船員の日メッセージ 教皇庁総合人間開発省は、7月の第2日曜日を「船員の日」と定め、世界中の司牧者、信徒に船員たちのために祈るよう呼びかけています。日本カトリック難民移住移動者委員会も、船員たちとその家族のため […]

教皇フランシスコ、2022年6月1日一般謁見演説 12.「わたしに力が尽きても捨て去らないでください」(詩編71・9)

 

教皇フランシスコ、2022年5月29日「アレルヤの祈り」でのことば

 

包括的で公正な難民保護制度の確立を――難民移住移動者委員会

包括的で公正な難民保護制度の確立を ―保護を必要としているのはウクライナ避難民だけではありません―  毎日ウクライナの惨状が報道される中、みなさんも一日も早い平和を願っておられることでしょう。そのような中、日本政府は戦火 […]

教皇フランシスコ、2022年5月25日一般謁見演説 11. 伝道の書、人生における意味とものごとの不確かな暗闇

 

法務大臣宛司教要請文:日本を故郷と思っている子どもたちとその家族を追い出さないでください  一人でも多くの人に在留特別許可を与えてください

 日本の司教たちは、2021年12月に難民移住移動者の現状について学び、在留資格のない両親のもとに生まれ育った子どもたちが、強制送還の危機にされされていることに対し、法務大臣宛に在留特別許可の要望書を送付しましたので、以 […]

教皇フランシスコ、2022年5月22日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2022年5月18日一般謁見演説 10. ヨブ、信仰の試練、待つことの恵み

 

2022年「第59回世界召命祈願の日」教皇メッセージ(2022.5.8)

2022年「第59回世界召命祈願の日」教皇メッセージ 2022年5月8日 「人類家族を築くよう呼ばれている」 親愛なる兄弟姉妹の皆さん  この時代においてなお戦争と暴挙の寒風が吹きすさび、分極化現象をしばしば目にする中に […]

教皇フランシスコ、2022年5月11日一般謁見演説 9. ユディト 見事な青年期、いつくしみ深い老齢期

 



PAGE TOP