教皇と日本の教会の意向

印刷する

「教皇の祈りの意向」と「日本の教会の意向」について

「教皇の祈りの意向」は、全世界の教会が毎日の祈りの中でささげるために教皇が示すものです。「教皇の祈りの意向」には、「一般の意向」と「宣教の意向」の二つがあります。ゆるしの秘跡、聖体拝領、教皇の意向のために祈ることは、免償を受けるための通常の条件です。なお、1997年から、日本のカトリック教会も、「教皇の祈りの意向」に加えて、「日本の教会の意向」を作成して、日本の教会のためにも祈ることを呼びかけています。

これまで「教皇の祈りの意向」および「日本の教会の意向」は、「祈祷の使徒」のウェブサイト「2017年 教皇と日本の教会の意向」(http://seseragi-sc.jp/sasage/)および祈祷の使徒編『きょうをささげる(祈りのしおり)』、『カトリック新聞』および『カトリック教会情報ハンドブック』(カトリック中央協議会発行)で知らせてまいりましたが、2011年から新たに本ウェブサイトでもお知らせすることに致します。教皇と日本の教会の意向のためにお祈りください。


教皇による祈りの世界ネットワーク—日本

http://tokyo-mokusou.info/popevideonew
この意向に関する、教皇ビデオメッセージ(英語字幕、日本語訳付、祈祷の使徒日本提供)が見られます。

冊子のご注文

なお、毎月の祈りのための「しおり」と「カレンダー」の冊子版をご希望のかたは、
こちら(株式会社 夢窓庵) http://www.clcj.com/musoan/form3.html で注文できます。

PAGE TOP