日本カトリック司教協議会

「日本カトリック司教協議会」は、全世界のラテン典礼を行うカトリック教会に共通に適用される、「カトリック教会法」に法的に根ざしている組織です。

名称と目的

日本カトリック司教協議会(以下、「司教協議会」と略す)は、「カトリック新教会法」第447条~第459条に定められたカトリック教会の常設組織として、日本におけるカトリック教会の全国的な共通の関心事について協議し、時代に適合した活動を促進することを目的として設置されています。

会員

下記のように構成されています。

  1. 日本のすべての教区司教、協働司教、補佐司教
  2. ローマ使徒座または司教協議会より委託された特別の任務をもつ名義司教

会長、副会長の選任と会期 : 司教協議会には、会務を総攬(らん)し、会を代表する会長と、会長を補佐し、会長に支障があるときはその職務を代行する副会長が置かれています。会員の秘密投票の過半数で選出され、任期は3年で、再任も認められています。

総会と組織 (2016年6月17日更新)

司教協議会は、総会のほか、常設機関として、常任司教委員会および各種委員会おとび事務局を設けています。

総会(通常、司教総会) Plenary Assemblies

総会は、上記会員により構成されています。総会に出席できない会員は、常任委員会の了解を得て代理人をたてることができます。代理人は、発言権はありますが、議決権はありません。
  総会には、日本カトリック管区長協議会および日本女子修道者総長管区長会の代表者(現在は正副会長各1名)が招かれます。この代表者たちは、発言権はありますが、議決権はありません。
  総会には、定例と臨時があり、現在、定例総会は6月に開催されています。また毎年2月にもう一度総会を開催することが恒例となっており、これを臨時総会と称しています。その他、臨時開催される総会を「特別臨時総会」と称し、区別しています。

常任司教委員会 Standing Committee

司教協議会の執行機関。総会の閉会中に司教協議会を代表し、その常務を処理します。正副会長以外に総会で選出される5名の会員で構成されます。司教協議会の円滑な運営、総会の議案作成、決議事項の実施促進、予算編成、決算報告、事務局の指導などを任務し、現在は8月を除いて毎月開催されています。

  • 常任司教委員会
    委員長:髙見三明(司教協議会会長・長崎教区大司教)
    前田万葉(司教協議会副会長・大阪教区大司教)、梅村昌弘(横浜教区司教)、松浦悟郎(名古屋教区司教)、宮原良治(福岡教区司教)、菊地 功(新潟教区司教)、浜口末男(大分教区司教)
  • 中央協議会事務局担当
    大塚喜直(京都教区司教)
  • 新聞事業部担当司教
    菊地功(新潟教区司教)

  以下はその直轄委員会です。

常設委員会 Permanent Committees

教団関連・諸部門 Sections

特別委員会 Special Committees

 

社会司教委員会 Episcopal Commission for Social Issues

社会司教委員会は日本のカトリック教会として、時のしるしを見極め、社会の中にあって預言者的な役割を果たすこと、また社会の非福音的な事象に対して、教会の内外に福音の立場を明示し、社会の福音化に寄与することを目指します。
以下は所属委員会です。

  • 社会司教委員会
    委員長:浜口末男(大分教区司教)
    副委員長:勝谷太治(札幌教区司教)
    菊地功(新潟教区司教)、松浦悟郎(名古屋教区司教)、平賀徹夫(仙台教区司教)


PAGE TOP