トップページへ
更新履歴
お知らせ
特集
カトリック教会
バチカン組織図
教皇関連
典礼解説
公文書
Web文書館
出版案内
ひとくちメモ
カトリック中央協議会
各委員会
案内図
リンク
English





はじめにお知らせ特集カトリック教会の概説バチカン教皇関連典礼解説更新履歴
公文書Web文書館出版案内ひとくちメモ中央協議会各委員会案内図リンク
前画面に戻る トップページへ

典礼解説 インデックス

典礼解説 キリストが復活したのが日曜日だったので、初代教会では、信者たちは日曜日 を「主の日」とし、キリストが「最後の晩餐」で定めた、彼の死と復活を記念する式に集まっていました。これがカトリック教会のミサの起源です。

 カトリック教会には、一年をとおしてキリストの生涯を記念する「典礼暦年」があります。典礼暦年は、待降節・降誕節・四旬節・過越の3日間・復活節と年間から構成されており、過越の3日間は典礼暦年全体の頂点です。おもな祝祭日には、主の降誕(クリスマス。12月25日)、復活の主日(復活祭。春分の日後の最初の満月の後の主日)、主の公現(1月6日。日本では1月2日から8日の間にくる主日)、主の昇天(復活の主日後40日目。日本では復活節第7主日)、聖霊降臨の主日(復活の主日後50日目)、聖母の被昇天(8月15日)、諸聖人(11月1日)などがあります。これらのうち、復活の主日はすべての祝祭日の中心をなしています。


年間(第1週〜第9週)

四旬節

過越の聖なる三日間

復活節

年間(第8週〜第34週)

待降節

降誕節


















 
前画面に戻る トップページへ
お問い合わせ info@cbcj.catholic.jp ©カトリック中央協議会 免責・禁忌事項