トップページへ
更新履歴
お知らせ
特集
カトリック教会
バチカン組織図
教皇関連
典礼解説
公文書
Web文書館
出版案内
ひとくちメモ
カトリック中央協議会
各委員会
案内図
リンク
English





はじめにお知らせ特集カトリック教会の概説バチカン教皇関連典礼解説更新履歴
公文書Web文書館出版案内ひとくちメモ中央協議会各委員会案内図リンク
前画面に戻る トップページへ

お知らせ  2016.6.17


定例司教総会、終了

2016定例司教総会

6月13日より、東京・潮見の日本カトリック会館で、2016年度定例司教総会が行われました。全国にある16の教区から、15人の司教と、1人の教区管理者が集まり、さらに、男女修道会の代表と事務局代表者らが参加しました。予定よりも1日早く、16日に終了しました。

主な決定事項としては、▼列福が承認されて、式典の日程の確定が待たれている、「神のしもべユスト高山右近」について、式典の式次第案、ならびに、列福された後の記念日とその名称の案が承認され、教皇庁に提出されます。▼また、かねてより準備が進められていた脱原発に関する文書の内容が承認され、今回審議された修正意見が加味されて、出版に向けて最終的な作業が行われます。

そのほか、3年任期の司教委員会の委員長などが交替の時期で、いくつかの委員会で責任の司教が代わりました(新しい担当はこちら)。さらに、15年度の決算書案が承認されました。

15日は「司教の集い」を行いました。午前は、昨年2015年の世界代表司教会議(シノドス)後の使徒的勧告『愛のよろこび―家庭のよろこび、教会のよろこび(Amoris Laetitia)』(邦訳は作業が始まったところ)について学びました。午後は、場所を東京・麹町教会に移し、一般の参加者も交えて、特別聖年公開講演会「『障害者差別解消法』を学ぶ」を開きました。さらに、16日は「司教勉強会」として、「『司教儀典書』(堅信式、叙階式、献堂式、聖香油のミサ)を学ぶ」を行いました。

すでに案内されているとおり、カトリック中央協議会の会計年度が2017年より、これまでの4月始まりから1月始まりに変更になります。これに伴い、来年から定例司教総会は2月に、臨時司教総会(これまで2月)は9月と12月に行われる予定です。

(2016.6.17)

6月13日より、定例司教総会

来週、6月13日から17日までの予定で、2016年度「定例司教総会」が、東京・江東区の日本カトリック会館で行われます。全国16教区から司教・教区管理者たちが集まり、オブザーバーとして男女修道会の代表者らが参加します。 司教総会資料写真

今回は、ユスト高山右近の列福式に関する案件や、かねてより準備されてきた脱原発に関する文書の発行に関する件などが話し合われます。また司教協議会の役員(3年任期)が交代する総会となるため、すでに決定している会長・副会長・事務局担当司教に次いで、諸委員会の担当司教などが決まります。

また、「司教の集い」として、15日午前にはシノドス後に出された教皇の使徒的勧告『愛のよろこび』について学び、午後は麹町教会に移動して、公開講演会「寄り添い ともに生きるために −障害者差別解消法を学ぶ」を行います。

カトリック中央協議会の会計年度が2017年より、これまでの4月始まりから1月始まりに変更になることに伴い、来年から定例司教総会は2月に、臨時司教総会(これまで2月)は9月と12月に移動します。

今回の司教総会が、日本の教会に実りをもたらし、社会へよりよい働きかけができる基礎となるよう、皆さまのお祈りをお願いいたします。

(2016.6.9)

熊本地震被災者のための祈り(厳律シトー会)

くまセン


「熊本地震」の被災者のための祈りを、厳律シトー会(トラピスチン)伊万里の聖母修道院が作成しています。福岡教区の宮原良治司教の認可も受け、福岡教区の熊本地震被災者支援室でも紹介されています。

ご参考にして、いまだ困難な状況にある現地の皆様のことを思い、ともに心を合わせて祈りたいと思います。

(2016.5.18)


カリタス福岡・熊本支援センター ボランティア募集

くまセン


「熊本地震」後の救援活動に対応するため、福岡・佐賀・熊本各県を管轄するカトリック福岡教区は、カリタスジャパンの支援を受け、「カリタス福岡・熊本センター(通称、くまセン)」をオープンしました。すでに全国各地からの応援も受けながら、各種支援活動を進めています。

「くまセン」では、ボランティアの受け付けも始まっています。詳細は、福岡教区のサイトにありますので、こちらをご覧になり、活動にご協力いただけると幸いです。

また、「くまセン」の日常の活動は、同センターのフェイスブックのページで紹介されています。こちらも併せてご参照ください。

(2016.5.10)


カリタスジャパン、「熊本地震」緊急募金 受け付け開始

カリタスジャパン

「熊本地震」につきまして、カリタスジャパンによる緊急募金の受け付けが始まりました。以下の通りです。
なお、下にあるように、福岡教区でも募金を受け付けています。こちらは教区の判断によって、教会の修復やカトリック関係の被災者支援にも活用されます。

またボランティア、物資の受け入れなどについては、現在、当該教区と協議中ですので、あらためてお知らせします。


〈熊本地震〉緊急募金 受付開始

4月14日夜から続く一連の大地震で、熊本県を中心とする地域では、42名が亡くなり、2千名以上が負傷、約20万人の方が避難生活を余儀なくされています。余震も断続的に発生しており、避難の長期化も懸念されます。

カリタスジャパンは、熊本地震被災者支援のために寄せられる募金を受け付けることに決定しました。なお、お寄せいただいた募金は、広く被災された方々への緊急・復 興支援活動のために使わせていただく予定です。

募金受付口座は次のとおりです:
 郵便振替番号:00170-5-95979
 加入者名:宗教法人カトリック中央協議会 カリタスジャパン
 通信欄に、「熊本地震」とご明記ください。

(2016.4.18)


カリタスジャパンは22日、全国の16教区司教ら責任者に向け、「〈熊本地震〉緊急募金 呼びかけのお願い」という書簡を送りました。これによりカリタスジャパンは、各教区主体の募金活動を促進し、今後福岡教区が中心になって実施する被災者支援活動に全面的に協力し、その側面支援に当たります。
なお、募金の送付先は上記のまま、変更ありません

(2016.4.22)


熊本地震について、福岡教区からのお知らせ

宮原司教
4月14日夜から続く熊本地域での震災について、福岡教区から次のような状況の説明が来ています。

1)募金について各方面から問い合わせが来ているので、以下の、宮原良治福岡教区司教から教区の皆さんに宛てた手紙を参考にしてほしい。
2)ボランティアについては、週明けに現地視察をして対応を検討していく。

大分県(大分教区)でも被害が出ているようですので、中央協議会からの新たな対応など、お知らせしていきます。
引き続き、みなさまのお祈りと支援をお願いしたいと思います。

福岡教区の皆様
2016年4月16日

カトリック福岡司教区
教区長 宮 原 良 治

<平成 28 年(2016 年)熊本地震>祈りと募金のお願い

 4 月 14 日夜から現在まで、熊本県中部を中心に大地震が発生し、余震が続いております。 各種報道でもご承知の通り、亡くなられた方28名、負傷された方約 1500 名、避難されている方 多数という痛切な事態となっております。また建物、道路、山地等に甚大な被害が出ております。 そして、被災されている方々は終わりの見えない余震への恐怖とこれからの事への不安の中、 また初春とはいえ、朝晩の冷え込みが残る中で、不自由な避難生活を余儀なくされています。 被災者の方々にお見舞い申しあげます。
福岡教区では、必要な支援を迅速に行えるよう情報の収集を行っております。
皆様には、特に主日のミサの中で、亡くなられた方々の永遠のいこいと、避難生活を余儀な くされている方々に安らぎと力が与えられ、一刻も早い復旧がなされるようお祈りください。
被災された方々の支援のための募金にご協力くださいますようお願いいたします。また地域 の皆様の必要にお応えするため、教会施設等の開放提供もぜひご配慮くださいますようお願 いいたします。
この困難な時にこそ、福岡教区民が心を一つにし、いつくしみ深い御父に倣い、その恵みに 支えられて、被災された方々に心を寄せてまいりましょう。

募金送金先
郵便振替番号:01760-6-20729
加入者名:カトリック福岡司教区
通信欄に「熊本地震支援金」とお書きください。

(2016.4.17)


募金受付口座が、銀行から郵便振替に変更になりました。
上記の送金先は、すでに変更済みです。

(2016.4.22)


カトリック新聞オンライン、運用再開

カトリック新聞オンライン
カトリック新聞が提供するニュースサイト「カトリック新聞オンライン」と、そのニュースレターサービスは、4月8日に再開しました。

みなさまには、長い間ご不便をおかけし、申し訳ございません。引き続き、当サービスをご愛顧いただけますよう、よろしくお願いいたします。

(2016.4.11)

教皇フランシスコ、家庭に関するシノドスを受けた「使徒的勧告」発表

教皇フランシスコ

2014年の世界代表司教会議(シノドス)第3回臨時総会と、昨年の第14回通常総会を受けた、使徒的勧告「愛のよろこび――家庭のよろこび・教会のよろこび」(原題:Amoris Laetitia)が、4月8日正午(ローマ時間)、教皇フランシスコによって発表されました。家庭をテーマに開かれた2回のシノドスでの司教たちによる議論を踏まえ、家庭を取り巻く諸課題について論じられています。(英語版ほかは、教皇庁サイトにあります)

「使徒的勧告」本体の翻訳にはしばらく時間がかかりますが、その概要につきましては「カトリック新聞」等で、今後紹介されます。また、これら2度のシノドスの経過を記録した報告書も間もなく完成いたします。

(2016.4.8)

東日本大震災、ボランティア募集中!

ボランティア募集A4ボランティア募集A3
カトリック教会では、2011年3月の東日本大震災の発生以来、被災各地に入ってボランティア拠点を中心に、支援活動を続けています。現在、主な拠点は8箇所あり、そこでは支援活動のためのボランティア募集を続けています。

10月に8拠点をまとめたチラシとポスターを作成しました。それぞれの活動内容、ホームページ、連絡先など書いてあります。

まだまだ被災地では、仮設住宅などで不自由な生活をする人が助けを必要としています。これらを参考に、ボランティアに一人でも多くの方が参加してくださるようお願いいたします。

 (画像をクリックしていただくと、それぞれ、PDFファイルがダウンロードできます)

(2013.11.8)


過去のお知らせ検索

こちらから過去のお知らせに掲載した内容を検索することができます。 検索する範囲を指定して、検索キーワードを入力の後、「検索する」ボタンを押してください。検索結果が表示されます。

<過去のお知らせリスト>も合わせてご覧ください

WWW 過去のお知らせ

Powered by

前画面に戻る トップページへ
お問い合わせ info@cbcj.catholic.jp ©カトリック中央協議会 免責・禁忌事項