世界病者の日 ルルドの聖母

印刷する

世界病者の日(2月11日)

世界病者の日」は、現教皇ヨハネ・パウロ二世によって1993年から始まりました。この日は「ルルドの聖母の記念日」にあたります。毎年「世界病者の日」には、教皇メッセージが発表されます。
病者がふさわしい援助を受けられるように、また苦しんでいる人が自らの苦しみの意味を受け止めていくための必要な援助を得られるように、カトリックの医療関係者だけでなく、広く社会一般に訴えていかなければなりません。
(『カトリック教会情報ハンドブック』を参照)

ルルドの聖母の記念日

ルルドの聖母の記念日

1858年2月11日、フランスのルルド近郊のマッサビエールの洞窟で、無原罪の聖母がベルナデッタに初めて現れた。ベルナデッタへの一連のマリア出現は、教会当局によって神聖なものとして承認され、ルルドが国際的な巡礼地になった。(写真は、いまなお腐敗せずに残る聖ベルナデッタの遺骸)
『毎日の読書』『毎日のミサ』より)

PAGE TOP