聖書週間 2015年11月15~22日

聖書週間は、1976年5月の定例司教総会で、全国的に聖書に親しみ、聖書をより正しく理解するための運動として「聖書週間」設定案が当時の宣教司牧司教委員会から提出され、同年11月の臨時司教総会において1977年11月の第3日曜日からの1週間を「聖書週間」とすることが決定されました。さらに、聖書委員会の発足と同時に委員による活発な啓蒙活動によって、日本のカトリック教会の中でも聖書への関心が高まってきました。その後、カトリック司教協議会による諸委員会の機構改革にともない、聖書委員会は1998年2月に解消されましたが、聖書週間は常任司教委員会によって引き継がれ、リーフレット「聖書に親しむ」とポスターの制作も継続されることとなり今日に至っています。

今年の聖書週間

今年の聖書週間は、11月15日~22日です。
「平和を実現する人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる。」(マタイによる福音書 5章9節参照)
をテーマに選びました。

『聖書に親しむ』について

リーフレット『聖書に親しむ』は、全国の小教区をはじめ、カトリック系学校および諸施設に送付しました。
このホームページ上でダウンロードも可能です。

聖書に親しむ(3.3MB)

良書のすすめで紹介した本について

詳しく知りたい場合、購入希望の場合は、下記書籍名をクリックしてください。

  • 『カトリック聖書注解 マルコによる福音書』メアリー・ヒーリー著 田中昇 訳 湯浅俊治 監修
     2014年 サンパウロ 本体4,000円+税
  • 『聖書の物語365』ライオン・ハドソン 文、ビル・ノーラー 絵 サンパウロ 訳、監修
     2014年 サンパウロ 本体2,800円+税
  • 『神さまのみこころ ―イエスさまのたとえを聞く―』 稲川圭三 著 はせがわかこ イラスト
     2015年 サンパウロ 本体1,400円+税
  • 『ともにこの道を キリスト教入門書』 カトリック長崎大司教区小共同体推進室 編集
     2015年 サンパウロ 本体1,400円+税

PAGE TOP