教皇フランシスコ、2018年3月4日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年3月4日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 ヨハネによる福音書からとられた今日の福音朗読には、イエスが商人たちをエルサレムの神殿から追い払った話が記されています(2・13-25参照)。イエスは、縄で作ったむちを使って人々を追い払い、台を倒して言います。「わたしの父の家を商売の家としてはならない」(16節)。過越祭の直前になされたこの断固とした行いは、群衆に強烈な印象を与えます。そして、ユダヤ教の指導者と、経済的な利益が脅かされると感じる人々に敵意を抱かせます。この行いをどのように解釈したらよいでしょう。もちろんそれは、警察のような、公的な秩序を守る人々の介入を要する暴力的な行為ではありませんでした。しかしそれは、神の名のもとに、虐待や不節制を何度も非難してきた預言者の典型的な行動として解釈されました。ここで問題となるのは権威です。実際、ユダヤ人たちはイエスに「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」(18節)と尋ねました。つまり、何の権威があって、こんなことをするのかと尋ねたのです。本当に神の名のもとに行っているのかどうか、明らかにするよう求めているかのようです。

 弟子たちは、神の家を清めようとするイエスの行いを理解するために、聖書の詩編69を引用しました。「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」(17節)。詩編作者は「あなたの神殿に対する熱情がわたしを食い尽くす」と述べています。この詩編は、敵の憎しみのために生じた非常に危険な状況の中で、すなわちイエスがご自身の受難においてこれから体験される状況の中で、助けを求める叫びです。

 御父とその家に対する熱意のために、イエスは十字架へと向かいます。イエスの熱意は、自己犠牲に至る愛の熱意であり、暴力を用いて神に仕えていると思い込んでいる偽りの熱意ではありません。イエスの死と復活こそが、イエスがご自分の権威のあかしとして与える「しるし」です。「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる」(19節)。福音記者は、「イエスのいわれる神殿とは、ご自分のからだのことだったのである」と記しています。イエスの過越の神秘によって、新しい信仰が新しい神殿の中で始まります。それは愛の信仰です。そしてその新しい神殿こそ、イエスご自身なのです。

 今日の福音箇所に記されているイエスの行いは、自分の都合や利益のためではなく、愛である神の栄光のために生きるようわたしたちを駆り立てます。「わたしの父の家を商売の家としてはならない」(16節)。わたしたちは、イエスのこの力強いことばをつねに心に留めなければなりません。教会が道を踏み外して、神の家を商売の家とすることは極めて有害なことです。わたしたちを支える大きな愛ではなく、自分の利益をつねに求めながら生きることによって、神がおられる場であるわたしたちの心を商売の家にする危険を退けるためにも、このことばは役立ちます。このイエスの教えは、どんな時代にも当てはまります。教会共同体だけでなく、各個人、市民団体、そして社会全体にも当てはまります。実際、完全に不正な利益とはいわないまでも、私的な利益を得るために、善行や、ときには責務を利用しようとする誘惑はどこにでも存在します。神ご自身や、神への祈り、もしくは人々への奉仕、神の姿を自分のために利用することは、とりわけ重大な危険をもたらします。だからこそ、イエスはそうした道徳的な危険をわたしたちから振り払うために、このとき「厳しい戒め」を手段として用いたのです。

 わたしたちが四旬節を、心と行いからあらゆる種類の偶像を消し去り、神を自分たちの人生における唯一の主とするのにふさわしい時にできるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP