教皇フランシスコ、2018年3月11日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年3月11日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日、四旬節第四主日は、「喜び(laetare)の日」と呼ばれます。「神の民よ、喜べ」という今日の入祭唱は、わたしたちに喜ぶよう招いているからです。「悲しみに沈んでいた者よ、喜べ」ということばは、喜びへの招きです。こうしてミサが始まります。この喜びの源は何でしょうか。今日の福音朗読で読まれるように、それは人々に対する神の偉大な愛です。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠のいのちを得るためである」(ヨハネ3・16)。ニコデモと会ったときのイエスのこのことばには、キリスト教のメッセージの中心となるテーマがまとめられています。たとえ状況が絶望的に思えても、神はわたしたちの間に分け入り、人々に救いと喜びをお与えになります。まさに神は、わたしたちから離れることなく、人間の歴史に入られます。神はわたしたちの人生に「介入」されます。ご自分の恵みによって力づけ、救うために、わたしたちの人生に入って来られるのです。

 わたしたちは自己満足し、神なしで何でもできると考え、神とみことばから完全に自由になりたいと求める誘惑を退け、このことばに耳を傾けなければなりません。勇気をもって自分自身のあるがままの姿を受け入れるとき――確かに勇気が必要です――、わたしたちは自分たちが自らの弱さと限界を自覚するよう求められている民であることに気づきます。苦しみや未来への不安、病や死への恐れにとらわれることもあるでしょう。だからこそ、多くの人がそこから抜け出す道を探り、ときには薬物、迷信、さらには危険な魔術といった危ない近道をたどるのです。自分の弱さと限界を知るのはよいことです。しかし、落胆するためではなく、主にささげるためにそれらを自覚しなければなりません。そして主は、いやしの道をたどるわたしたちを助けてくださいます。わたしたちの手をとり、決して見捨てません。神がともにおられるからこそ、わたしたちは「喜びます」。神がともにおられるからこそ、「神の民よ、喜べ」(入祭唱)と唱え、「喜ぶ」のです。

わたしたちを救うために御子をお与えになるほどにいつくしみ深い御父のうちに、わたしたちは真の大きな希望を抱きます。わたしたちはさまざまな悲しみも覚えますが、真のキリスト者であるならば、希望を失いません。それは、ささやかな喜びをはぐくみ、自信を与えてくれる希望です。自分の限界、罪、弱さに気づいても、決して落胆しないでください。神は近くにおられます。イエスはわたしたちをいやすために十字架上におられます。それこそが神の愛です。十字架を見つめて、心の中で「神はわたしを愛しておられる」と自分自身に語りかけてください。限界、弱さ、罪は確かに存在しますが、主はその限界や弱さ、罪よりも偉大なかたです。どうかこのことを忘れないでください。神はわたしたちの弱さや不誠実さ、罪よりも偉大なかたです。そして主の手をとり、十字架を見つめ、前に進みましょう。

 いつくしみの母であるマリアが、神に愛されているという自信をわたしたちの心に与えてくださいますように。孤独なとき、生活苦に屈しそうなときに、マリアが寄り添ってくださいますように。マリアによって御子イエスの思いがわたしたちに伝わり、わたしたちの四旬節の歩みが、ゆるしと受容と愛の体験となりますように。

PAGE TOP