教皇フランシスコ、2018年6月3日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年6月3日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 ここイタリアを含む多くの国では今日、「キリストの聖体の祭日」が祝われます。この祭日は「コルプス・ドミニ」、「コルプス・クリスティ」というラテン語名でよく知られています。福音朗読ではイエスが最後の晩さんで告げたことばが読まれます。「取りなさい。これはわたしのからだである」。「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」(マルコ14・22、24)。

 この愛のあかしがあるからこそ、キリスト教共同体は主日のたびに、そして毎日、ミサというキリストのあがないのいけにえの秘跡に集います。キリスト者は、キリストの真の現存によって引き寄せられ、キリストのからだとなったパンという、ささやかなしるしを通してキリストをあがめ、仰ぎ見ます。

 ミサという簡素であると同時に荘厳なこの秘跡にあずかるたびに、わたしたちは神とわたしたちの間の交わりを実現させる新しい契約に加わります。わたしたちはたとえ小さく貧しくとも、この新しい契約に加わる者として、神が望まれるように歴史を築くために力を合わせます。したがって、すべての聖体の祭儀は神にささげる共同の礼拝であり、わたしたちの人生と個々の出来事と結びついています。わたしたちはキリストのからだと血に養われることにより、キリストに近づき、キリストの愛を自分自身の中に受けますが、その愛は独占するものではなく、他者と分け合うものです。これは、ミサに欠かせない論理です。キリストの愛を自ら受け、その愛を他の人と分かち合うのです。これこそがミサの論理です。

 ミサにおいてわたしたちは、裂かれて与えられるパンと、わたしたちの救いのために注がれる血を通してイエスを仰ぎ見ます。ミサは、炎のように利己的な態度を焼き払い、受けたものをただひたすら与えるようわたしたちを清めると同時に、キリストとの一致のうちに、自分自身も兄弟姉妹のために裂かれたパン、注がれた血となりたいという思いを湧き上がらせます。

 したがって、キリストの聖体の祭日は、キリストに引き寄せられ、キリストのうちに変えられるという神秘を記念する日です。それは、十字架上のイエスのように、具体的に、忍耐力をもって、自らをささげて愛するための学びやです。理解や助け、励ましを求め、疎外され、孤独な人を、さらに広く受け入れるためにはどうしたらよいか学ぶのです。ミサの中に生きておられるイエスは、神殿と通りの間、信仰と歴史の間、神の国と人間の国の間に開かれた扉であるかのようです。

 この祭日に多くの国で行われている聖体行列は、聖体に対する民間信心の表われです。福者パウロ六世教皇が50年前にされたように、わたしも今日の夕方、ローマのオスティアでミサを司式し、その後に聖体行列を行います。皆さん、どうか参加してください。テレビやラジオを通して霊的にでも参加してください。おとめマリアが今日、わたしたちに寄り添ってくださいますように。

PAGE TOP