教皇フランシスコ、2018年6月24日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年6月24日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の典礼は、洗礼者ヨハネの誕生を祝うようわたしたちを招いています。その誕生は、両親エリザベトとザカリアの生活を照らし、親類や近所の人々を喜びと驚きで満たしました。この年老いた夫婦はその日を待ちわび、準備までしていましたが、もうあきらめていました。二人は子どもに恵まれなかったために、社会からのけ者にされ、軽蔑されていると感じ、失望していました。子どもが生まれるという知らせを受けても(ルカ1・13参照)、ザカリアは、自然界では考えられないことなので、そのことばを信じませんでした。二人とも年齢を重ねた老人だったのです。したがって、主は子が生まれるまでの間、ザカリアの口を利けなくしました(20節参照)。それはしるしです。神はわたしたちの推論や限られた人間の能力に頼っておられるのではありません。わたしたちは信頼しながら、神の神秘の前で沈黙し、神のわざを謙虚で静かな心で観想することを学ばなければなりません。神のわざは歴史に表れていますが、多くの場合、わたしたちの想像をはるかに超えているのです。

 とうとう誕生の時が来て、エリザベトとザカリアは「神にできないことは何一つない」(ルカ1・37)ことを体験し、深い喜びに包まれます。今日の福音朗読(ルカ1・57-66、80)は、この誕生の出来事を伝え、その後にその子の名付けのことを少し述べています。エリザベトは親類にはなかった名前を選び、「名はヨハネとしなければなりません」(60節)と言います。ヨハネとは「神は恵みをお与えになった」という意味であり、その名は無償で与えられた思いがけない贈り物を意味します。その子は使者となり、貧しい人々、謙虚な心で信仰を守りながら救いを待ち望む人々への神の恵みをあかしする人となります。驚くことに、ザカリアは口が利けなかったので、板の上に記して、その名を選ぶことを確認します。そして「たちまちザカリアは口が開き、舌がほどけ、神を賛美し始めました」(64節)。

 洗礼者ヨハネの誕生の出来事全体が、感嘆と驚きと感謝に満ちた喜びに包まれています。感嘆と驚きと感謝。人々は神に恐れを感じ、「このことすべてが、ユダヤの山里中で話題になりました」(65節)。兄弟姉妹の皆さん、信心深い人々は、たとえ慎ましく隠されたものであっても、なにか偉大な出来事が起こったことを感じとります。そして「いったい、この子はどんな人になるのだろうか」(66節)と自問します。信仰深い神の民は、驚嘆と驚きと感謝の念をもって、喜んで信仰を守ることができます。これらの人々はヨハネの誕生という、この驚くべき出来事、この奇跡を話題にしました。そのとき彼らは喜びに包まれ、驚嘆と驚きと感謝の念に満たされ、幸せでした。このことに目を向けながら、次のように自らに問いましょう。自分の信仰はどうだろうか。喜びに満ちた信仰だろうか。それとも変わりばえのしない「退屈」な信仰だろうか。主のわざを目にするとき、また福音宣教について説明されたり、聖人の伝記を聞いたりするとき、自分は驚きを感じるだろうか。また、多くの善意の人に出会うとき、そのことの内に恵みを感じとることができるだろうか。それとも何にも心を動かされないのだろうか。自分は聖霊による慰めを感じるられるだろうか。それとも自分自身の中に閉じこもってしまうだろうか。わたしたち全員が、良心を糾明しながら、自問しましょう。自分の信仰はどのようなものだろうか。喜びに満ちているだろうか。神による驚きに心を開いているだろうか。神は驚きの神です。神の現存がもたらす驚嘆と感謝の念を、魂の中で「感じとって」いるだろうか。信仰がもたらす心情である喜び、驚嘆、驚き、感謝ということばについて考えましょう。

 それぞれの人の中に、いのちの源である神の面影を見いだせるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。子どもをもうけることにより、親たちは神の協力者として働いていることを、神の母であり、わたしたちの母でもあるマリアが気づかせてくださいますように。それは、各家庭をいのちの神殿にするという真に崇高な使命です。子どもの誕生は喜びと驚きと感謝の念を呼び覚ますのです。

PAGE TOP