教皇フランシスコ、2018年8月19日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年8月19日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ヨハネ6・51-58参照)は、イエスがパンを増やす奇跡により、群衆の飢えを五つのパンと二匹の魚で満たした後に、カファルナウムの会堂でされた説教の後半です。イエスはご自分が「天から降って来たパン」、永遠のいのちを与えるパンであると述べ、「わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである」(51節)と教えます。

 この一節は断定的であり、実際、聴衆の反発を招きます。人々は「どうしてこの人は自分の肉を我々に食べさせることができるのか」(52節)と議論し始めます。裂かれたパンというしるしが、「いけにえとなるほどに自らをささげること」の意味を明らかにするとき、誤解が生じます。人々は、ほんの少し前まで勝利へと導く者としてあがめようとしていた人を拒絶さえします。群衆がイエスを王にしようとしたので、イエスは隠れなければならなかったことを思い起こしましょう。

 イエスはさらに「人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内にいのちはない」(53節)と述べています。この箇所には肉だけでなく血のことも記されています。聖書における言葉遣いでは、肉と血は現実の人間を表します。イエスと交わり、イエスの人間性を「食べる」ことにより、いのちのたまものをこの世界のために分かち合うようイエスが招いておられることを、群衆と弟子たちは感じとります。ここでは勝利も、成功という幻想も問題ではありません。わたしたちのためにご自身を与えてくださるイエスのいけにえこそが焦点です。

 感謝の祭儀の食卓ではいのちのパン、すなわちキリストのからだと血の秘跡が無償で与えられます。祭壇には、今も、そして永遠に霊的にわたしたちをはぐくみ、渇きをいやしてくださるかたがおられます。ミサに参加するたびに、わたしたちはいわば、地上にある天の国を先取りしています。イエスのからだと血というミサにとって欠かせないものから、永遠のいのちについて学ぶからです。それはイエスのために生きるということです。「わたしを食べる者もわたしによって生きる」(57節)と、主は言っておられます。ミサは、わたしたちが自分自身のためではなく、主のため、兄弟姉妹のために生きられるよう導きます。いのちの幸福さと永遠性は、ミサで受けた福音的な愛の実りを結べるかどうかにかかっています。

 イエスは当時も、今もわたしたち一人ひとりに繰り返し告げています。「人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内にいのちはない」(53節)。兄弟姉妹の皆さん、神のいのちを伝えるのは物質的なものではなく、いのちを与える生きているパンです。ご聖体を受けるとき、わたしたちは神のいのちそのものを受けます。このいのちを受けるためには、福音から、そして兄弟姉妹の愛から栄養を得なければなりません。ご自分のからだと血によって養われるようにとのイエスの招きを前にして、わたしたちは、今日の福音箇所の聴衆がしたように、議論し、反論する必要を感じるかもしれません。世俗的な基準ではなく、イエスの基準に従って行動するために、イエスの型に自分を当てはめようと、もがいているのです。わたしたちはこの糧によって養われることにより、キリストご自身、キリストの思い、そしてキリストの行いとの完全な調和に加わることができます。ミサに参加し、聖体拝領にあずかることは非常に重要です。聖体を受けることは、わたしたちを内側から変え、天に向かうために備えさせてくださる、生きているキリストを受けることにほかならないからです。

 イエスの聖体によって養われ、自分も兄弟姉妹のために裂かれたパンになることを通して、イエス・キリストと交わりたいというわたしたちの願いを、おとめマリアが支えてくださいますように。

PAGE TOP