教皇フランシスコ、2018年9月2日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年9月2日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日は、マルコによる福音書の一節に目を向けましょう。今日の福音朗読(マルコ7・1-8、14-15、21-23参照)の中でイエスは、わたしたち信者にとって重要なテーマについて語っています。それは、世俗の汚れや律法重視の形式主義を退け、みことばに従うことこそが真の道であるというテーマです。この箇所は、ファリサイ派の人々と律法学者たちのイエスに対する非難の声で始まります。彼らはイエスの弟子たちが伝統に基づく儀礼的なおきてを守っていないと言ってイエスを非難します。彼らは、「この先生は、自分の弟子たちが伝統的なおきてを破るのをゆるしている」と言って、イエスの師としての信頼性と権威を揺るがそうとします。それに対してイエスは言います。「イザヤは、あなたたちのような偽善者のことを見事に預言したものだ。彼はこう書いている『この民は口先ではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。人間の戒めを教えとしておしえ、むなしくわたしをあがめている』」(6-7節)。これがイエスのことばです。なんと明解で決然としたことばでしょう。「偽善者」ということばは、イエスが福音の中で用いる単語の中でももっとも強いことばです。律法学者をはじめとする宗教の指導者に対して、イエスはこのことばを用いています。彼らのことを「偽善者」と呼んでいるのです。

 イエスは実は、律法学者とファリサイ派の人々が陥った過ちから、彼ら自身を目覚めさせようとしています。その過ちとは何でしょう。それは人間のしきたりを守るために、神のおきてをないがしろにし、み旨をゆがめることです。イエスの反応が厳しいのは、大切なことが脅かされているからです。神と人間の関係と、宗教生活の真正さに関する真理がかかわっているのです。偽善者は嘘つきであり、真正な存在ではありません。

 主は今日でも、実体よりも形式を重んじる危険を回避するようわたしたちに呼びかけています。そして、律法や儀式のみを重視する偽善的行いから汚れを落とし、神と隣人への愛という、信仰の真の中核をつねに新たに見いだすよう求めています。

 今日の福音のメッセージは、使徒ヤコブの声によってさらに力強いものとなります。彼は真の信仰とは何であるかを簡潔なことばで語っています。真の信仰とは「みなしごや、やもめが困っているときに世話をし、世の汚れに染まらないように自分を守ること」(ヤコブ1・27)です。「みなしごややもめの世話をする」とは、もっとも困窮している人、弱い立場にある人、社会の周縁に追いやられている人をはじめとする隣人に対して愛のわざを行うことを意味します。神はそうした人々にとりわけ心を配っておられ、わたしたちにも同じようにするよう求めておられます。

 「世の汚れに染まらないように自分を守る」とは、現実から離れ、自分の中に閉じこもることではありません。そうではありません。ここでも、外面的な姿ではなく、内面的、本質的な姿勢が求められています。つまり、自分の考え方や行い方が世俗的な考え方や、虚栄心、強欲、傲慢さなどに汚されないよう気を配るのです。実際、虚栄心や強欲に染まり、傲慢である一方で、自分が信心深いと思い込み、そう見せかけ、他者を非難さえする人こそが偽善者です。

 自分の心にどれほどみことばが浸透しているか、良心を糾明しましょう。わたしたちは主日のミサでみことばを聞きます。もし気が散っていたり、うわべだけで聞いたりしていたら、みことばはほとんど意味をもちません。そうではなく、わたしたちは心を開いて、よい土壌として、みことばを受け入れなければなりません。そうすれば、みことばは現実の生活に染み通り、実を結ぶでしょう。イエスはみことばは麦のようだと言っておられます。みことばは、実際の行いの中で育っていく種です。それにより、わたしたちの心と行いがみことばそのものによって清められ、神と隣人とのわたしたちの関係は偽善から解き放たれるのです。

 兄弟姉妹の幸せのために具体的な選択をすることを通して、主への愛をあかしし、つねに心から主をたたえることができるよう、おとめマリアがその模範と取り次ぎによってわたしたちを助けてくださいますように。

PAGE TOP