教皇フランシスコ、2018年9月16日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年9月16日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ8・27-35参照)は、「イエスは何者だろうか」という、「マルコによる福音書」全体に浸透している問いかけに関するものです。ここでは、イエスご自身が弟子たちに問いかけ、彼らが徐々にこの質問に応えられるよう導いています。イエスは十二人の弟子たちにじかに尋ねる前に、人々がご自分のことをどう言っているか尋ねます。弟子たちが師なるイエスの名声に非常に敏感になっていることを、イエスはよく知っているのです。したがって「人々は、わたしのことを何者だといっているか」(27節)とイエスは尋ね、イエスが偉大な預言者の一人だと思われていることが明らかになります。しかし実際、イエスは人々の風評には興味がありません。弟子たちが聖書における著名な人物の名を引用し、決まりきったことばで答えたことにも同意できません。形式にとらわれる信仰は、近視眼的な信仰だからです。

 主は、過去と現在の弟子たちがご自身と人格的な関係を結び、生活の中心にご自身を位置づけるよう求めておられます。だからこそ、主は弟子たちが真摯に自分自身と向き合うよう促し、「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」(29節)と尋ねているのです。イエスは今も、この単刀直入な質問をわたしたち一人ひとりにひそかに投げかけています。「あなたがたはわたしを何者だと言うのか。皆さんにとってわたしは何者だろうか。あなたにとってわたしは何者だろうか」。御父が御子イエスのことを伝えるために与えてくださった光に照らされながら、各自が心の中で答えなければなりません。そして、情熱をもって答えたペトロと同じように、わたしたちも「あなたは、メシアです」と断言するのです。

 しかし、イエスの使命は成功に至る広い道で成就されるのではなく、しもべとして苦しみを受け、中傷され、排斥され、十字架につけられることによって成し遂げられます。このことをイエスが、弟子たちに告げたように、わたしたちにもはっきりと伝えたら、わたしたちもペトロのように抗議し、逆らうかもしれません。それは、わたしたちの世俗的な期待とは相反するからです。その際には、わたしたちもイエスに叱られます。「サタン、引き下がれ。あなたは神のことを思わず、人間のことを思っている」(33節)。

 兄弟姉妹の皆さん、イエス・キリストへの信仰をことばで宣言するだけでなく、現実の行いや選択によって、また神の愛に基づく人生によって証明してください。そのためには、隣人への深い愛をもってしっかりと生きなければなりません。イエスはご自分に従うためには、自分を捨て(34節参照)、つまり自分本位なうぬぼれを捨て、自分の十字架を背負わなければならないと言っています。そうすれば、イエスがすべての人に根本的な規範を与えてくださいます。どんな規範でしょうか。「自分のいのちを救いたいと思う者は、それを失う」(35節)のです。わたしたちは人生の中で、あらゆる理由のために道に迷い、物や、物のように扱われる人々のうちにのみ幸せを求めるようになります。しかし、幸せは、真の愛に出会い、その愛に驚き、変えられてはじめて得られます。愛はすべてを変えます。愛はわたしたち一人ひとりを変えます。諸聖人のあかしがそのことを物語っています。

 御子イエスに忠実に従うことによって信仰を生きたおとめマリアの助けにより、わたしたちもイエスと兄弟姉妹のために人生を惜しみなくささげ、イエスの道を歩むことができますように。

PAGE TOP