教皇フランシスコ、2018年10月28日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年10月28日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。今日はあいにくの天気ですね。

 今日の朝、わたしたちは聖ペトロ大聖堂で、若者のための世界代表司教会議(シノドス)の閉会ミサを行いました。エレミヤ書からとられた今日の第一朗読(31・7-9)は、神がご自分の民にお与えになる希望のことばであり、とりわけこの機会にふさわしいものです。それは、「神はご自分の民の父である」という真理に基づく慰めのことばです。神は民をご自分の子どもとして愛し、慰め(9節)、彼らのために未来の地平を、まっすぐでつまずくことのない道を切り開きます。その道の上を、「目の見えない人も、歩けない人も、身ごもっている女も、臨月の女」(8節)といった困難な状況にある人々も歩きます。神の希望は――だれでも健康で美しくなれるという一部の宣伝のような――妄想ではなく、わたしたちのように長所も短所も、可能性も弱点もある現実の人間との約束です。神の希望とは、わたしたちのような民との約束です。

 このみことばは、数週間にわたるシノドス期間中にわたしたちが体験したことをよく表しています。それは「いやしと希望」のときであり、何よりも「傾聴」のときでした。傾聴するためには、時間、注意力、さらには心と気持ちを開け放つことが必要です。しかしその行程は、日々、いやしに変わっていきました。若者が自分の体験や自分が貢献したことを生き生きと語ることにより、皆を元気づけてくれたからにほかなりません。シノドス教父たちを通して、あらゆる角度から、あらゆる大陸から、そして多様な人間的、社会的境遇から、新しい世界のさまざまな現実がこのシノドスに伝えられました。

 傾聴というこの基本的な手だてを通して、わたしたちは現実を解釈し、現代のしるしを把握しようとしました。そして、みことばと聖霊の光のもとに、「共同体としての識別」が行われました。それは、主からカトリック教会に与えられたもっとも素晴らしいたまものの一つです。つまり、まったく異なる状況にある人々の発言や表情を集め、つねに福音の光のもとに、その現象の利点と複雑性を考慮に入れながら解釈しようとしたのです。その期間中、わたしたちは多くの課題のただ中を歩む方法を討議しました。その課題には、デジタル世界の問題、移住現象、からだと性の重要性、戦争と暴力の悲劇などが含まれます。

 こうした努力の実りは、収穫後にブドウの果汁が樽の中で発酵するように、すでに「発酵」しています。若者のためのシノドスは豊作だったので、きっとおいしいぶどう酒ができるでしょう。しかしこのシノドスの第一の実りは、これから見習うべき、準備段階から取り入れられた手法にあると思います。それは、書面の文書を作成することを第一の目的としない「シノドス様式」です。書面の文書も貴重で有益なものですが、それ以上に、現状に即した司牧的選択をするために、老若男女が集まり、協力しながら傾聴と識別を行う方法を推進することが重要です。

 そのために、おとめマリアの取り次ぎを願い求めましょう。このシノドスというたまものに対する神への感謝の気持ちを、教会の母であるマリアに託しましょう。わたしたちが体験したことを、共同体の日常生活の中で恐れずに前に推し進めることができるよう、マリアが助けてくださいますように。聖霊が賢明な創造性をもって、わたしたちの働きという実りをさらに豊かにしてくださり、わたしたちが全世界の若者とともに歩めるようになりますように。

PAGE TOP