教皇フランシスコ、2019年4月3日一般謁見演説 モロッコへの司牧訪問

 

教皇フランシスコ、2019年3月27日一般謁見演説
モロッコへの司牧訪問

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 先週の土曜日と日曜日、わたしは国王ムハンマド六世の招きを受けて、モロッコを司牧訪問しました。わたしを温かく迎え入れ、協力してくださったモロッコの国王と政府当局の皆さんに改めて感謝の意を表します。とくに国王は、とても友好的に温かく接してくださいました。

 わたしは、ムスリムの兄弟姉妹との対話と出会いの歩みをさらに進め、現代社会において「希望のために尽くす人」――これはこの司牧訪問のモットーです――となる機会を与えてくださったことを、とりわけ主に感謝します。今回の巡礼は、アシジの聖フランシスコとヨハネ・パウロ二世という二人の聖人の足取りをたどるものでした。800年前、フランシスコは平和と兄弟愛のメッセージをスルタン、アル=マリク・カーミルに伝えました。ヨハネ・パウロ二世は、モロッコ国王ハッサン二世をバチカンに招いた後、1985年に記念すべき司牧訪問を行いました。しかし、どうして教皇はカトリック信者のいるところだけでなくムスリムのもとにも行くのだろう疑問に思う人もいることでしょう。それは、多くの宗教があるからです。それではなぜ、多くの宗教があるのでしょう。ムスリムと同様、わたしたちも同じ父祖アブラハムの子孫です。どうして神は多くの宗教を存在させておられるのでしょう。神はそのように望まれました。スコラ学の神学者は、神の「寛容なみ心」にたびたび言及しました。神は、多くの宗教が存在するという現実を望まれました。中には文化から生じた宗教もありますが、すべての宗教が天の国に目を向け、神を仰ぎ見ています。しかし神が望んでおられるのは、わたしたちの間の兄弟愛です。それこそが、この司牧訪問の目的でした。わたしたちと同じようにアブラハムの子孫であり、わたしたちの兄弟姉妹であるムスリムとの兄弟愛です。相違があることを恐れてはなりません。神はそのことを認めておられます。むしろ、人生をともに歩むために兄弟愛をもって働けるかどうか心配すべきです。

 現代において希望のために尽くすことは、文明の間に架け橋を築くことにほかなりません。モロッコというすばらしい国の国民と指導者と会い、そのために同国と貢献できることを嬉しく、光栄に思います。ここ数年間にモロッコで行われた重要な国際会議のことを思い起こしつつ、わたしたちは人間の尊厳を守り、平和、正義、さらにはわたしたちの共通の家である被造物の保護を促進するために、宗教が重要な役割を果たすことを国王ムハマンド六世とともに再確認しました。こうした観点から、わたしと国王は、聖都エルサレムを人類の遺産として、平和的な出会いの場、とりわけ三大一神教の信者の間の出会いの場として保持するために、「エルサレムの地位についての宣言」に署名しました。

 わたしはムハンマド五世廟を訪れ、ムハンマド五世とハサン二世の功績に敬意を表しました。それから、イマーム(イスラム指導者)と説教師の養成を目的としたイスラム研究所を訪れました。この研究所は、他宗教を尊重し、暴力と原理主義を拒否するイスラムを促しています。わたしたちは皆、兄弟姉妹であり、兄弟愛のために働かなければならないということを強調しているのです。

 わたしは、政府当局との会談、そしてとりわけ移住者との集いにおいて、移住の問題にとくに注目しました。そのうちの何人かが、移住者の生活が変わったと教えてくれました。また、改めて人間としての自覚がもてるのは、各自が人として共同体から受け入れられるときだと伝えてくれました。これは根本的に重要なことです。去年の12月、「安全で秩序ある正規移住のためのグローバル・コンパクト」が採択されたのは、まさにモロッコのマラケシュにおいてでした。これは、国際社会が責任を担うための歩みを進める大切な一歩でした。教皇庁による貢献は、四つの動詞に要約することができます。すなわち移住者を「受け入れ」、「守り」、「促し」、移住者と「共生する」ことです。それはトップダウンの福祉プログラムを行うことではなく、この四つの動詞で表される行いを通して、ともに旅をすることです。それにより、それぞれの文化や宗教的な価値観を保ちつつ、互いの相違を受け入れ、人間の兄弟愛という精神のもとに高め合うすべを認識している町や国を築くことができるのです。モロッコの教会は移住者に寄り添うために尽力しています。わたしは「移住者」と呼ぶのが好きではありません。むしろ「移住している人」と言うほうが好ましいと思います。なぜだか分かりますか。「移住している」は形容詞で、「人」は名詞だからです。わたしたちは形容詞の文化に滑り落ちてしまい、多くの形容詞を使いすぎて、肝心の名詞を忘れがちです。形容詞はつねに名詞、この場合は人を修飾しています。だからこそ「移住している人」なのです。そこには敬意が感じられますし、まるで液体や気体のような形容詞の文化に滑り落ちることもありません。モロッコの教会は移住者に寄り添うために尽力していると先ほど言いましたが、ですからわたしは、そのために懸命に尽くし、「あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせ」(マタイ25・35)というキリストのことばを実践している人々に感謝し、励ましのことばを送ります。

 主日はキリスト教共同体のために過ごしました。まず愛徳姉妹会が運営する農村社会福祉センターを訪れました。ここ聖マルタの家でも同じ姉妹会が無料診療所や児童センターを運営しています。この会の修道女たちは、大勢のボランティアと協力しながら、さまざまなサービスを人々に提供しています。

 ラバトの大聖堂では、司祭、修道者、そしてエキュメニズム委員会代表と会いました。モロッコの信者は少数ですが、だからこそわたしは、この謁見の冒頭で読まれた福音の中で示された塩と光とパン種のたとえ(マタイ5・13-16、13・33参照)を思い起こすのです。肝心なのは数でなく、塩に味があるか、光が輝いているか、そしてパン種に生地全体をふくらませる力があるかどうかです。そのことはわたしたちではなく、神によって、聖霊によって実現します。聖霊はわたしたちがどこにいても、対話と愛に満ちたしかたで、とりわけわたしたちキリスト者の間で、キリストをあかしできるようにしてくれます。「互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる」(ヨハネ13・35)とイエスは言っておられます。

 教会の交わりの喜びは、首都ラバトのスポーツ施設で行われたミサで、その原点を見いだしました。会場はその喜びで満たされました。60もの国々から何万もの人々が集まりました。ムスリムの国で、神の民が独自のかたちで自分たちの存在を示したのです。いつくしみ深い御父のたとえは、神の計画のすばらしさをわたしたちの間で輝かせました。神はご自分の子らを、ご自身の喜びにあずからせ、ゆるしと和解の宴に参加させたいと望んでおられます。それは、自分には御父のあわれみが必要だと自覚している人と、兄弟姉妹が戻ったときに御父とともに喜ぶことのできる人が加わる宴です。ムスリムが寛大でいつくしみ深い神に日々、祈りを唱える場に、いつくしみ深い御父のたとえが響き渡ったのは、偶然ではありません。この世界で希望のために尽くす人になれるのは、御父の抱擁の中で新しいいのちを与えられて生きる人、自分たちが兄弟姉妹だと感じている人だけなのです。

PAGE TOP