教皇フランシスコ、2019年2月6日一般謁見演説

 

教皇フランシスコ、2019年2月6日一般謁見演説
アラブ首長国連邦への司牧訪問

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 わたしは先日、アラブ首長国連邦(UAE)を数日間、訪問しました。短期間ではありましたが、それは2017年のエジプトのアルアズハル大学での会合から続くキリスト教とイスラムの対話の歴史と、人類の兄弟愛のもとに世界平和をはぐくむ取り組みに、新たなページを記すきわめて重要な訪問でした。

 教皇がアラビア半島を訪れるのは歴史上初めてのことです。アシジの聖フランシスコがスルタン・アル=マリク・アル=カーミルを訪れてから800年後に、フランシスコという名の教皇が、神の摂理のうちにアラビア半島を訪問しました。この訪問の間、わたしはたびたび聖フランシスコのことを考えました。それは、この訪問のさまざまな場面で、福音とイエス・キリストの愛を心の中に抱き続ける助けとなりました。キリストの福音、そして貧しい人、不正義、戦争、悲惨な境遇にあえぐ人々をはじめとする御父のすべての子らのために御父にささげる祈り、さらにはキリスト教とイスラムの対話が今日の世界に平和を築くための決定的な要素となるよう願う祈りが、わたしの心の中にありました。

 非常に温かく迎えてくださったアブダビの皇太子、UAEの大統領、副大統領、政府当局に感謝いたします。UAEは、ここ数十年間に大きく発展し、東西の交差点、さらには多民族、多宗教が混在する「オアシス」となっており、出会いの文化を促すのにふさわしい国です。カトリック共同体の行事を準備し、企画してくださった南アラビア使徒座代牧区のポール・ヒンダ―司教に心から感謝するとともに、UAEにおいてキリストの現存を示している司祭、修道者、信徒の方々に心から感謝の意を表します。

 わたしは、UAEに最初に派遣された司祭に会うことができました。彼は――もう90歳代でしたが――、現地で多くの共同体を立ち上げました。車いすにのり、目も不自由でしたが、彼の口元から微笑みが失われることはありませんでした。それは、ずっと主に仕え、多くの善行を行ってきたことから生まれる微笑みです。もう一人の90歳代の司祭――彼は元気に歩いて働いていました――にも会いました。そしてラテン典礼、シリア=マラバル典礼、シリア=マランカラ典礼のキリスト教共同体のために尽くしている多くの司祭たちにも迎えられました。彼らはレバノン、インド、フィリピンなどの国々から派遣されています。

 アブダビでは、さまざまな場でスピーチを行うだけでなく、大きな一歩を踏み出しました。アルアズハル大学の大イマーム(指導者)とわたしが「人類の兄弟愛についての文書」に署名したのです。わたしたちは、神の子として兄弟姉妹であるという共通の召命がすべての人にはあること、宗教を理由とする暴力をはじめとするあらゆる暴力を否定すること、そして世界中に真の価値観と平和を広めるために尽力することを、その中にともに記しました。この文書は多くの国の学校や大学で読まれますが、皆さんも是非、読んで理解してください。この文書には、人類の兄弟愛に関する対話を推し進めるための多くの取り組みが提案されているからです。

 キリスト教文化とイスラム文化の間に対立が続いていると考え、宗教を争いの原因とみなす傾向が強く表れている現代において、わたしたちは次のことをはっきりと明確に示そうとしました。ともに集い、互いに尊重し合い、対話することは可能であること。そして文化や伝統がさまざまに異なっていても、キリスト教とイスラムの世界は、いのち、家族、宗教、高齢者への敬意、若者の教育などの共通の価値観を大切に守ることです。

 UAEには100万人ほどのキリスト者がいます。そのほとんどがアジア各国からの労働者です。昨日の朝、わたしはアブダビの聖ヨセフ大聖堂で教会共同体の代表と会った後に、現地のスタジアムで皆のためにミサをささげ、真福八端に関する福音を伝えました。どんなに多くの人が集まったことでしょう。そのスタジアムは4万人を収容できるということでしたが、スタジアムの外のスクリーンの前にも人々が集まり、15万もの人々がこのミサに参加したのです。総大司教、上級大司教、司教の方々とともにささげたこのミサで、わたしたちはとくに中東とイエメンの平和と正義のために祈りました。

 皆さん、この訪問は神の「サプライズ」の一つです。ですから神と、神の摂理をたたえ、まかれた種がみ旨のままに実を結ぶよう祈りましょう。

PAGE TOP