教皇フランシスコ、2019年2月10日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年2月10日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 ルカによる福音書からとられた今日の福音箇所(5・1-11参照)は、聖ペトロの召し出しについて語っています。彼は――ご存じのように――シモンという名の漁師でした。イエスはガリラヤ湖畔で、シモンが他の漁師たちと一緒に網の手入れをしているのを見かけます。そして、夜通し漁をしても一匹もとれなかったために、彼が疲れてがっかりしている様子をご覧になります。イエスは思いもよらないことをして彼を驚かせます。彼の舟に乗り、岸から少し離れたところに漕ぎ出すよう頼んだのです。多くの群衆がいたので、イエスはそこから彼らに話しかけようとします。そして、シモンの舟に腰を下ろし、岸辺に集まった群衆に教えはじめます。イエスのことばにより、シモンの心も信仰に向けて開かれます。それからイエスはもうひとつ、驚くような「行動」をします。「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」(4節)とシモンに命じたのです。

 シモンは「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした」と言って反論します。熟練した漁師である彼は、「夜にまったくとれなかったのなら、日中にとれるはずがない」と付け加えることもできたでしょう。しかしイエスがそこにおられることによって力づけられ、イエスのことばに導かれて、シモンは言います。「おことばですから、網を降ろしてみましょう」(5節)。このことばは、わたしたちも唱えるべき、信仰に根差したこたえです。それは、主がすべての弟子たち、とりわけ教会で責任を担う者に求めておられる、何事もいとわない姿勢です。そしてペトロは信頼して従い、そのために驚くような結果がもたらされます。「漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかか」(6節)ったのです。

 それは奇跡的な大漁であり、イエスのことばの力の表れです。イエスに仕えるために惜しげなく自らをささげるなら、イエスはわたしたちのうちに偉大なことをしてくださいます。イエスがわたしたち一人ひとりの中でされることは、まず、驚きに満ちた新たな海に一緒に漕ぎ出すために、わたしたちの人生という舟に乗せてくれるよう頼むこと。それから、善といつくしみをあかししするため、そして自分の殻に閉じこもりたちなわたしたちの人生に新たな意味を与えるために、今日の人間社会という広い海に出ていくよう招くことです。わたしたちは驚き、主からの呼びかけの前で不安になり、覚悟ができていないために拒むという誘惑にかられます。ペトロもまた、途方もない大漁の後、イエスに言います。「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」(8節)。このへりくだった祈りは美しい祈りです。この時にはすでに主として認めている相手の前にペトロはひざまずいて言います。「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」。そしてイエスはこう言って彼を力づけます。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる」(10節)。神は――わたしたちが神を信じるならば――わたしたちを罪から解放し、新しい地平を切り開き、それにより、ご自分の使命にわたしたちも協力できるようにしてくださいます。

 シモンをはじめとする疲れて失望した漁師たちのためにイエスが行った偉大な奇跡とは、網いっぱいの魚というよりも、むしろ失敗の前で落胆し失望することのないよう彼らを助けることでした。イエスは彼らをご自分のことばと神の国を伝え、あかしする人にするための備えをしておられます。そして弟子たちはすぐさま全面的にそれにこたえます。「彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイエスに従った」(11節)。

 わたしたちが主の呼びかけに心を惹かれ、主の救いのことばを主とともに、いたるところに広めたいという思いを抱くことができるよう、み旨にすぐに従うことの模範であるおとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP