教皇フランシスコ、2019年7月7日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年7月7日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ10・1-12、17-20参照)の中でイエスは、12使徒に加えて、72人の弟子を派遣します。72という数字は、すべての国を指していると思われます。創世記には、実に72の異なる氏族が記されています(10・1-32参照)。ですからこの派遣は、福音をすべての民族に伝えるという教会の使命を示しています。イエスは弟子たちに言います。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい」(2節)。

 イエスのこの願いは、どの時代にも当てはまります。わたしたちはつねに「収穫の主」である御父に、この世界という畑に働き手を送ってくださるよう祈らなければなりません。わたしたち一人ひとりが、開かれた心で、宣教のために祈らなければなりません。わたしたちの祈りは、自分たちの願いや望みだけのためにささげられるべきではありません。祈りは普遍的になるときにはじめて、キリスト者の真の祈りとなるのです。

 72人の弟子を派遣するにあたり、イエスは宣教をはっきりと特徴づける命令をくだします。第一に、先ほど触れたように、祈りなさいという命令です。第二に、行きなさい、しかも財布も袋も持たずに行きなさいという命令です。さらには「この家に平和があるように」と言ってその家に泊まり、家から家へと渡り歩いてはいけない。病人をいやし、「神の国はあなたがたに近づいた」と言いなさい。もし迎え入れられなければ、広場に出てその場を去りなさいという命令です(同2-10参照)。これらの命令が明らかにしていることは、宣教は祈りに根差していること。宣教は旅すること、つまりじっとしているのではなく動いていることであり、別離と貧しさを要すること。宣教は平和といやしをもたらすこと。宣教は神の国が近づいたしるしであること。宣教は改宗を迫ることではなく、告げ知らせてあかしすることであること。さらには、救いの知らせが拒絶されても、とがめたり不平を言ったりしないという責任を果たすための率直さと、福音に基づく自由も、宣教には必要であるということです。

 この命令に従うなら、教会の宣教は喜びに満ちたものになるでしょう。この一節はどのような結末を迎えるでしょうか。72人の弟子たちは「喜んで帰って来ました」(17節参照)。それは宣教の成功による一時的な喜びではなく、イエスが言われたように「あなたがたの名が天に書き記されている」(20節)という約束に根差した喜びです。この表現を用いてイエスが示しているのは、心の奥底の喜び、つまり御子に従うよう神に呼ばれたという自覚から生まれる不滅の喜びです。それこそがイエスの弟子になる喜びです。たとえば、今日、わたしたちは各自、受洗日に受けた名前を思い出すことができます。その名前は「天に書き記され」、御父の心に刻まれています。御父からのたまものであるこの喜びがあるからこそ、一人ひとりの弟子は宣教者となり、主イエスとともに歩む人、他者のためにすすんで奉仕し、自分自身と所持品を差し出すことをイエスから学ぶ人となるのです。

 キリストの弟子の宣教をあらゆる場所で支えてくださるよう、至聖なるマリアの母としての保護をともに願い求めましょう。宣教は、神がわたしたちを愛してくださり、わたしたちを救おうとしてくださり、ご自分の国に加わるよう呼びかけてくださることを、すべての人に告げ知らせるために行われるのです。

PAGE TOP