教皇フランシスコ、2019年5月26日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年5月26日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 復活節第六主日の福音朗読では、イエスが最後の晩餐で使徒たちに語ったことばが読まれます(ヨハネ14・23-29参照)。イエスは聖霊の働きについて語り、約束します。「しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」(26節)。十字架のときが迫る中で、イエスはこう言って弟子たちを安心させます。彼らは独りになるのではなく、弁護者である聖霊がつねに寄り添い、世界中に福音を伝えるという使命を果たすのを助けてくれます。ギリシャ語原文では、「弁護者」ということばは、そばにいて支え、いやしてくれる存在を意味します。イエスは御父のもとに戻りますが、聖霊の働きを通して弟子たちを教え導き続けます。

 たまものとして与えるとイエスが約束してくださった聖霊の働きとは、どのようなものでしょうか。イエスはこのように説明しています。「しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」(26節)。イエスはすでに、使徒たちに託したいと思っていたものをすべて、地上での生活を通して伝えていました。神の啓示、すなわち、御父が御子の受肉によって人類に伝えたいと望まれたことのすべてを、イエスは成し遂げました。聖霊の働きとは、イエスの教えを伝え、完全に理解できるよう教え、実践するよう導くことです。それはまさに教会の使命でもあります。教会はいくつかの必要不可欠なことがらによって特徴づけられる生き方を通して、その使命を果たします。それらは、主を信じ、みことばに従うこと、今も生きておられる復活した主のために働き続けておられる聖霊に従うこと、主の平和を受け入れること、そして他者を受け入れ、他者に出会う姿勢を通してあかしすることです。

 これらすべてを成し遂げるためには、教会はじっとしているのではなく、すべてを新たにしてくださる聖霊の光と力によって活気づけられ、支えられながら、旅を続ける共同体として働かなければなりません。洗礼を受けた人がそれぞれ積極的にかかわるのです。つまり、しばしば信仰の旅の足かせとなる自分の考え方、企て、目的といった世俗的なしがらみから自分自身を解放し、主のことばに従順に耳を傾けるのです。神の霊は、教会の明るく美しい真の顔が、キリストが望まれた通りにさらに輝くように、わたしたちを導き、教会を導いてくださいます。

 今日、主は聖霊のたまものに心を開くようわたしたちを招いておられます。それは、主が歴史の道でわたしたちを導けるようにするためです。主は「すべてのことを教え」、「主が話したことをことごとく思い起こさせる」ことにより、福音の論理、受け入れる愛の論理を日々、わたしたちに教えてくださいます。

 わたしたちがとりわけこの5月に、天の母として崇敬し、祈りをささげているマリアが、教会と全人類をつねに守ってくださいますように。勇気にあふれる謙遜な信仰をもって、御子が人となられるために聖霊に完全に協力したマリアの助けにより、わたしたちも、みことばを受け入れ、実生活であかしするために、弁護者である聖霊の教えと導きに身をゆだねることができますように。

PAGE TOP