教皇フランシスコ、2019年9月15日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年9月15日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ15・1-32)は、イエスが徴税人や罪びとと一緒におられるのを見て、人々が不平を言うところから始まります。「この人は罪びとたちを迎えて、食事まで一緒にしている」(2節)と人々は憤りながら言います。この発言は、実は驚くほどすばらしい知らせです。イエスは罪びとを迎え、一緒に食事をしてくださいます。それは、すべての教会のあらゆるミサで起きていることです。イエスはすすんでご自分の食卓にわたしたちを迎え入れ、そこでわたしたちのためにご自身をささげてくださいます。教会の扉にこのように刻んでもよいかもしれません。「イエスはここで罪びとを迎え、ご自分の食卓に招いておられます」。イエスは不平を言っている人々に、三つのたとえ話をします。それは、イエスはご自分から遠ざかっていると感じている人を優先してくださるということを物語る三つの美しいたとえ話です。福音書を手に取り、ルカによる福音書15章を開いて、この三つの話を読んだらよいでしょう。とてもすばらしい話です。

 最初のたとえ話はこのように始まります。「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか」(4節)。あなたがたの中のどの人でしょうか。常識で考える人はそのようなことはしません。一匹を犠牲にして九十九匹を守ろうと、計算高く考えます。それにひきかえ神は決してあきらめません。そして、神の愛をまだ知らないあなた、人生の中心にイエスをまだ受け入れていないあなた、罪を克服できないあなた、さらには、おそらく生涯の中で起きた悪いことのために愛を信じられなくなったあなたのことを、とりわけ大切にしてくださいます。第二のたとえ話では、あなたは小さなコインです。主はそのコインを無くしたとは思わず、あくまでも探し続けます。主の目には、あなたは尊く唯一の存在として映っていることを、この話は物語っています。み心において、あなたの代わりになる人はいません。あなたには、あなた自身の場所があり、あなたはあなたなのです。だれもあなたの代わりにはなれません。わたしについても同じです。み心において、わたしの代わりになる人はいません。さらに第三のたとえ話では、神は放蕩息子が戻るのを待ちわびる父親です。神は決して疲れたり、落胆したりせずに、つねにわたしたちを待ってくださいます。わたしたち一人ひとりは、もう一度抱きしめられるあの息子であり、見つけ出されたあのコインであり、神が大切そうに背中に背負っておられるあの羊だからです。神はわたしたちがご自分の愛に気づくのを毎日待っておられます。それでもあなたは「わたしはいろんなことをしました。あんなに沢山のことをしてしまったのです」と言うでしょう。怖がらないでください。神はあなたを愛しておられます。ありのままのあなたを愛してくださいます。そして、あなたを変えることができるのはご自身の愛だけであることをご存じです。

 わたしたち罪びとへの神の無限の愛は福音の中心となるものですが、その愛も退けられることがあります。それは、このたとえ話の中の兄がしたことです。彼はその時点で愛の意味が分からず、父親というよりは主人を心に思い描いています。わたしたちもそうなる危険があります。いつくしみ深い神を信じずに、ゆるしではなく力によって悪を打ち破る厳格な神を信じてしまうのです。それは間違っています。神は愛をもって救ってくださるのであって、力によってではありません。ご自身を与えてくださるのであって、押しつけておられるのではありません。しかし兄は父親のいつくしみを受け入れず、自分の中に閉じこもり、大きな過ちを犯します。彼は自分が正しいと思っています。自分の善悪の基準ですべてを判断し、自分は裏切られたと思っています。ですから弟に憤り、父に抗議します。「あなたのあの息子が、……帰って来ると、肥えた子牛をほふっておやりになる」(30節)。彼は「あなたのあの息子」と言います。「わたしの弟」ではなく「あなたの息子」なのです。息子は一人しかいないかのように思っています。わたしたちも、自分は正しいと確信し、他者は間違っていると思うとき、同じような過ちを犯します。自分が正しいと思い込まないようにしましょう。つねに正しいかたである神の助けがなければ、自分たちだけで悪を打ち負かすことはできないのです。今日は忘れずに福音書を開き、ルカによる福音書第15章にあるこの三つのたとえ話を読みましょう。必ず皆さんのためになりますし、皆さんを健やかにしてくれるでしょう。

 どうしたら悪を滅ぼせるでしょうか。それは、神と兄弟姉妹からゆるしを受けることによってなされます。わたしたちはゆるしの秘跡にあずかるたびに、罪をゆるしてくださる神の愛を受けます。神が忘れてくださったので、その罪はもう存在しません。神はゆるしてくださり、もう覚えておられません。神はわたしたちの罪を忘れてくださいます。忘れておられるのです。神はわたしたちにとても優しくしてくださいます。「もう大丈夫」と言ったそばから、自分に加えられた危害を絶対に忘れないわたしたちとは違います。そうではなく神は悪を滅ぼします。神は心の中からわたしを新しくしてくださり、喜びを呼び覚ましてくださいます。悲しみや暗闇や疑いではなく、喜びを心の中にもたらしくださいます。

 兄弟姉妹の皆さん、勇気をもってください。神にとっては、罪は決定的な終わりではありません。自分が正しいと信じ込む傲慢さから解き放たれ、わたしたちを抱きしめてゆるすためにいつも待っていてくださる主のもとに行く必要があることを自覚できるよう、いのちの「結び目を解く聖母マリア」が助けてくださいますように。

PAGE TOP