教皇フランシスコ、2019年10月27日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年10月27日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 聖ペトロ大聖堂でこの朝に行われたミサにおいて、アマゾン特別世界代表司教会議(シノドス)は閉会しました。シラ書から取られた第一朗読は、貧しい人々の祈りというこの歩みの出発点を思い起こさせます。その祈りは「雲を突き抜けて行き」(シラ書35・21)ます。神は「虐げられている者の祈りを聞き入れられ」(同35・16)るからです。貧しい人の叫びと大地の叫びが、アマゾン地域から発せられています。この三週間を経た後、わたしたちはその叫びが聞こえないふりなどできません。貧しい人々の声と、このシノドス内外の大勢の人々――司祭、若者、科学者――の声が、無関心にならないようわたしたちに訴えかけています。「そのうちでは遅すぎる」ということばがよく聞かれました。このことばを単なるスローガンで終わらせてはなりません。

 シノドスとは何でしょうか。それは、そのことばが示しているように、主が与えてくださる勇気となぐさめによって力づけられながら、ともに歩む道のりです。わたしたちは互いの目を見つめ、熱心に相手のことばを聞きながら、問題を包み隠さず、仕え合うためにともに前進するという素晴らしい体験をしました。使徒パウロがその歩みを、第二朗読を通して励ましてくれます。「わたし自身は、すでにいけにえとしてささげられています。世を去る時が近づきました」(二テモテ4・6)。その決定的な瞬間に、パウロはこう記しています。「しかし、わたしを通して福音があまねくのべ伝えられ、すべての民族がそれを聞くようになるために、主はわたしのそばにいて、力づけてくださいました」(同17節)。パウロの最後の願いは、自分や自分の仲間のために何かが起こることではなく、福音がすべての民族に告げ知らされることです。そのことが何よりも優先され、何よりも大切なのです。わたしたちはそれぞれ、自分の人生の中でどんなよい行いができるか自問するよう幾度も求められることでしょう。今日もそのときです。「福音のために、わたしは何ができるだろうか」と自らに問いましょう。

 このシノドスの間、わたしたちは福音を伝えるために新たな道を切り開きたいと望みながら、そのことを自らに問いました。自分で体験してはじめて、伝えることができます。そして、イエスのうちに生き、福音のもとに生きるためには、自分自身から出なければなりません。わたしたちは自分が海に行き、穏やかな港という安全地帯を出て、深海に臨むよう駆り立てられていると感じました。イデオロギーという陰湿な海ではなく、聖霊が網をおろすよう招いている開かれた海にです。

 アマゾンの元后として崇敬され、愛されているおとめマリアに、旅の前途をゆだねましょう。マリアは、征服することによってではなく、「文化に根づくこと」によってアマゾンの元后となられました。母としてのへりくだった勇気をもって、子らを守るかた、抑圧された人々の守護者となられました。どんなときにも諸民族の中に出向くのです。基準となる文化、あるいは他の文化を清められる聖なる文化など存在しません。そこにあるのは、純粋で、文化に根づいた福音だけです。ナザレの貧しい家でイエスの世話をしたマリアに、もっとも貧しい子らとわたしたちの共通の家をゆだねましょう。

PAGE TOP