教皇フランシスコ、2019年12月1日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年12月1日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 待降節第一主日である今日から、新たな典礼暦が始まります。待降節の4週間、典礼はイエスの誕生を祝うようわたしたちを導きます。そして、イエスは日々わたしたちのもとを訪れ、世の終わりに栄光のうちに戻られることを、思い起こさせてくれます。そのことを確信することにより、わたしたちは自信をもって未来に臨めるようになります。啓示されたことばによって、待降節のすべての歩みに寄り添っている預言者イザヤが、わたしたちを招いているのです。

 今日の第一朗読の中でイザヤは、「終わりの日に、主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち、どの峰よりも高くそびえる。国々はこぞって大河のようにそこに向か」(イザヤ2・2)うと預言します。エルサレムにある主の神殿は、すべての民族が集まり、出会う場として示されています。イエスは人となられ、真の神殿としてご自身を示されます。ですから、イザヤによって示されたこの素晴らしい光景は、神によって約束されたものであり、すべての歴史の意義であり終着点であるキリストに向けて旅を続けるよう、わたしたちを駆り立てます。正義に飢え渇く人は、主の道をたどってはじめて、正義を見いだすことができます。一方、悪と罪は、各個人と社会内の集団が、自分だけの利益を追求する道を進もうとするために生じます。その道は戦争や紛争を引き起こします。待降節は、神の道を示す平和の使者として来られるイエスを待ち望むときなのです。

 今日の福音においてイエスは、ご自身が来られるときのために備えるようわたしたちを促します。「だから、目を覚ましていなさい。いつの日、自分の主が帰って来られるのか、あなたがたには分からないからである」(マタイ24・42)。目を覚ますとは、文字どおり目を見開くことではなく、与えて仕えることができるように、自分の心を解き放ち、正しい方向に向けることを意味します。それこそが目覚めるということです。目覚める前の眠った状態とは、無関心、うぬぼれ、真の人間関係を築けないこと、さらには孤独な、見捨てられた、あるいは病気の兄弟姉妹のために尽くせないことを意味します。ですから、イエスの到来を待ち望むことは、目を覚ましているよう努めることと言い換えることができます。それはまさに、神のわざや驚きについて思いめぐらし、神を何よりも優先することです。目を覚ましていることは、より具体的に言えば、困難に直面している兄弟姉妹に目を向け、神がつねになさるように、先に気づいて予測し、助けを求められる前に、その要望に対応するすべを学ぶことでもあります。

 いつも目覚めておられるおとめ、希望の母であるマリアが、この旅の歩みを導き、すべての人を引き寄せる「主の山」、イエス・キリストの姿を見つめられるよう、わたしたちを助けてくださいますように。

PAGE TOP