La Civiltà Cattolica(ラ・チビルタ・カットリカ)日本版 刊行決定

La Civiltà Cattolica(ラ・チビルタ・カットリカ)の日本語版が2021年4月より隔月で発行されることになりました。 『ラ・チビルタ・カットリカ』日本版 特徴 現在も活動しているすべてのイタリアの雑誌の中 […]

La Civiltà Cattolica(ラ・チビルタ・カットリカ)の日本語版が2021年4月より隔月で発行されることになりました。

写真提供:角川文化振興財団



『ラ・チビルタ・カットリカ』日本版 特徴

  • 現在も活動しているすべてのイタリアの雑誌の中で最も古く、歴史あるもの。
  • 教皇ピオ9世の勅令によりイタリアのイエズス会のグループによってナポリで設立され、創刊号は1850年4月6日に印刷。
  • 現在イタリア語、英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語で発行。
  • 教皇の普遍的な任務に奉仕することを目的とする。
  • 掲載論文は、すべてイエズス会士による。
  • 「日本とキリスト教の歴史」「世界から見た日本」「映画や文学」の3つの柱を中心に編集。
  • 2019年の教皇の訪日の機会に、今回の日本版の構想が生まれた。


『ラ・チビルタ・カットリカ』日本版 概要

書名 : 『ラ・チビルタ・カットリカ(La Civiltà Cattolica)』日本版
体裁 :A5判。平とじ、カバーなし、総ページ32ページ(予定)
監修 :川村信三、原田亜希子
発行 :(公財)角川文化振興財団
発行時期 : 2021年4月から隔月発行予定(この刊行に先立ち、2020年11月パイロット版〈0号〉を発行。関係各社やメディア、またクラウドファンディングのリターンとして頒布予定。)
頒布方法 :クラウドファンディング(近日スタート)ご支援のリターンとして提供。一般書店での販売・定期購読等は行わない。
URLhttps://vj100.jp/lcc/

ビデオメッセージ

『 La Civiltà Cattolica(ラ・チビルタ・カットリカ) 』
現編集長:イエズス会士 アントニオ・スパダーロ神父メッセージ(日本語字幕有)
https://rb.gy/mnbvxf

PAGE TOP