教皇の名について

教皇に選出された人は、それを受諾すると、すぐ名前を決める。これは11世紀頃からの習慣である。それまでは、自分の名前をそのまま使っていた。
6世紀と10世紀に幾人かの教皇が改名している。それは、本名がキリスト教以外の異教に由来する名前だったからである。最初に名前を変えたのは、533年から538年まで教皇であったヨハネ2世(56代)である。改名まで教皇はメルクリオと呼ばれていた。メルクリオは、古代ローマの異教の神の名前であった。
また、955年から964年にかけての教皇ヨハネ12世(130代)は、選ばれた時、オッタビアーノという名前だったが、これはローマの有名な皇帝の名前なので、教皇にふさわしくないと思ったのであろう、改名している。
この他、ペトロという名前の人が教皇に選ばれた時、初代教皇の名前を持つのはもったいないとして、名前を変えた例もある。1人は983年から 984年に教皇だったヨハネ14世(136代)。もう1人は1009年から1012年のセルジオ4世(142代)。この頃から教皇名をとる習慣がついてきた。福音書によれば、初代教皇聖ペトロも、シモンと呼ばれていたが、ペトロになった。
大きな使命を受けた時に改名するのは、使命に対する忠誠と心意気を示すことを意味する。11世紀以降も本名を名乗った教皇がいたが、例外である。16世紀の教皇でオラ ンダ生まれのハドリアノ6世(218代1522~1523)とマルチェロ2世(222代1555年4月~5月)。
また、教皇が同じ名前をとる時は、1世、2世と順位を付ける。

PAGE TOP