ストーブとは?

投票用紙を燃やし、教皇選挙の結果を煙で外部の人に伝える役をする。
教皇が選出されると白い煙、選出されない場合は黒い煙を出す。
ストーブは選挙会場、システィーナ礼拝堂の祭壇に向かって後方部左手の隅にある。煙の白・黒をはっきりさせるため、ヨハネ・パウロ1世を選出したコンクラーベから投票用紙と一緒に化学薬品を混ぜて焼却するようにしている。
ストーブは黒い鋼鉄でできている。高さ1メートル以上、直径50センチ。上部の縁の所にピオ11世、ピオ12世、ヨハネ23世、パウロ6世の名前と選ばれた年月日が刻まれている。
ストーブの煙突は、システィーナ礼拝堂の屋根に突き出ていて、聖ペトロ広場からは煙がよく見える。

PAGE TOP