ワールドユースデー(World Youth Day)

ワールドユースデー(World Youth Day)とは?

 ワールドユースデー(WYD)は、国連が1985年を「国際青年年」と定めたことを受け、前年1984年「あがないの特別聖年」の閉会ミサで、教皇ヨハネ・パウロ二世が、青年たちにローマへと集うように呼びかけたことにはじまります。その後、毎年「受難の主日(枝の主日)」が「世界青年の日」と定められ、2~3年ごとに世界各地でWYDの世界大会が開催されるようになりました。

 「世界青年の日」が受難の主日に設定されているように、この大会は世界中の若者がひとつになり、教会の本質であるキリストの受難と復活の神秘を味わうことと深く結びついています。ひとつの信仰を持つ青年たちが世界中から集い、出会いを喜ぶ祭典としての要素だけではなく、回心に始まり、キリストの受難と復活の神秘を祝う巡礼の旅でもあるのです。

 また教会と社会にとってWYDは、若者に目を向け、将来を担う若者に信頼と希望を置くことの大切さを確認するきっかけになるのです。

開催地

1985年 ローマ(イタリア)
1987年 ブエノスアイレス(アルゼンチン)
1989年 サンチャゴ・デ・コンポステッラ(スペイン)
1991年 チェンストホーヴァ(ポーランド)
1993年 デンバー(アメリカ)
1995年 マニラ(フィリピン)
1997年 パリ(フランス)
2000年 ローマ(イタリア)
2002年 トロント(カナダ)
2005年 ケルン(ドイツ)
2008年 シドニー(オーストラリア)
2011年 マドリード(スペイン)
2013年 リオデジャネイロ(ブラジル)
2016年 クラクフ(ポーランド)

PAGE TOP