アジアン・ユース・デー(AYD)7、インドネシア 2017年7月30日~8月6日、含追加情報

第7回目AYDはインドネシア・ジョグジャカルタ市 (Jogjakarta) で開かれ、日本から50名の青年が招かれています。
→後半に、追加情報があります。

20161227AYD7AYDはアジア約28カ国のカトリック教会青年代表およそ2,000人が集い、ホスト国の文化・社会と教会の福音的な取り組みに触れながら、典礼、体験学習、ホームステイ、文化交流、自国紹介など、8日間共に祈り、共に学びます。信仰を生きるアジアの仲間と出会い、お互いの連帯と信仰を深めるアジアの青年大会です。

第7回目となる今回はインドネシア・ジョグジャカルタ市 (Jogjakarta) で開かれ、日本から50名の青年が招かれています。さまざまなプログラムを通し、テーマ「Joyful Asian Youth ! Living the Gospel in Multicultural Asia アジアの若者よ、多様性あふれたアジアの文化の中で、福音を喜んで生きなさい!」を深めていきます。

日時: 2017年7月30日~8月6日
開催地: インドネシア・ジョグジャカルタ市
同行責任者: 勝谷太治司教(青少年司牧部門担当司教、札幌教区)
対象: 17歳(高校生以上)~30歳まで (多少の英語力は必要です)[変更されました]
募集人数: 50名
費用: 参加費(およそ 25,000円) + 旅費 (インドネシアまでの往復旅費は自己負担です)
申込書:

申込書に必要事項をご記入の上、gensec@cbcj.catholic.jp までお送りください。
※ブラウザで直接開いて記入できない場合、一度ファイルをダウンロードしAcrobat Readerで開いてから、記入をお試しください。

締め切り: 2017年3月27日 [変更されました]
問い合わせ: カトリック中央協議会 青少年司牧部門
(TEL 03-5632-4480, FAX 5632-4465, Email gensec@cbcj.catholic.jp


追加情報(2月14日時点)

本部事務局からの追加情報
 参加するに当たり以下の条件が付与されました。

  1. 参加する青年の年齢、17歳(高校生以上)~30歳まで
  2. 司牧者(司祭・修道者・同伴者)の数は日本からは5名までを上限とする。
  3. 青年参加者は45名前後(但し男女比は半々にすること)
  4. 全日程参加を原則とすること。(7月30日、13:00~8月6日、15:00)

青少年司牧部門からの情報

  1. 参加者に対する制限がかかっていますので、男女比を考慮に入れながら先着順とさせていただきます。
  2. 申し込み締め切りは2月末から3月27日へ変更いたします。
  3. 教区での日々・本大会参加者においては、7月30日の午前中にはジャカルタに到着、8月6日の夜以降の飛行機での帰省のため、参加者はゆとりをもってインドネシアに入らなければなりません。
     案:日本からの出発は7月29日中の出発。日本帰着は8月7日になると思います。
       それぞれの地域でご確認ください。
  4. 参加人数の少ない教区は他教区と合流して渡航することもできます。宿泊の事や、その後の具体的な動きなどは未だ情報がありませんが、分かり次第HPなどでお知らせいたします。

PAGE TOP