教皇フランシスコ、2018年1月7日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年1月7日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日、「主の洗礼」を祝うことにより降誕節が終わり、わたしたちは自分たちの洗礼について考えるよう招かれます。イエスは、洗礼者ヨハネがヨルダン川で説教し、授けていた洗礼を受けたいと思いました。それは悔い改めに導くための洗礼です。つまり、そこにやって来た人たちは、罪から清められたいという願いを明らかにし、新しい生活を始めると誓ったのです。

 ここでは、イエスがいかに謙虚であるかを学ぶことができます。罪のないかたが、罪を悔い改めている人々の列に加わり、彼らに交じって川の水の中で洗礼を受けたのです。イエスはなんと謙虚なかたなのでしょう。そうすることによりイエスは、降誕祭にわたしたちが何を記念したかを明らかにします。つまり、イエスはすすんで人類という川に自らを浸し、人々の過ちと弱さを担い、解放を求める人々の願いを共有します。そして神から人を遠ざけ、兄弟姉妹を他人同士にするものを、すべて打ち負かします。神はベツレヘムでされたように、ヨルダン河の岸辺でも、人間の運命を自ら担うという約束を果たされます。イエスはそのことを表す、目に見える決定的なしるしです。イエスはわたしたち全員をご自分の肩に担っておられます。そしてわたしたちの人生において、日々の生活の中で皆を背負ってくださいます。

 今日の福音朗読で示されたように、イエスは「水の中から上がるとすぐ、天が裂けて“霊”が鳩のようにご自分に降って来るのをごらんになりました」(マルコ1・10)。天地創造のときから働き続け、モーセと民を荒れ野で導いた聖霊が、そのときイエスの上に豊に注がれ、この世における使命を果たすための力を与えます。聖霊はイエスの洗礼だけでなく、わたしたちの洗礼の源でもあります。聖霊はわたしたちの心の目を真理へと、真理全体へと開きます。聖霊はわたしたちの人生を愛の道へと駆り立てます。聖霊は洗礼の日に御父がわたしたち一人ひとりに与えてくださったたまものです。聖霊はわたしたちをゆるしてくださる神の優しさを伝えます。「あなたはわたしの子」(11節参照)という御父の啓示のことばを伝えたのも、聖霊です。

 あらゆるキリスト者は、イエスの洗礼を記念することを通して自分自身の洗礼を思い出すよう招かれています。皆さんが、自分の洗礼の日のことを覚えているかどうか尋ねることはできません。皆さんのほとんどが、わたしと同様、幼児洗礼だからです。したがって別のことを尋ねます。自分が洗礼を受けた日付を知っていますか。自分が何日に洗礼を受けたか覚えていますか。各自でこのことを考えてください。もしその日付を忘れてしまったら、家に戻ってお母さん、おばあさん、叔父さん、叔母さん、おじいさん、代父や代母のかたに聞いてください。その日付をいつも覚えていなければなりません。なぜなら、その日は記念すべき日、わたしたちが最初に聖別された日、御父がわたしたちの歩みを支える聖霊を与えてくださった日、そして大いなるゆるしがもたらされた日だからです。自分の受洗日がいつであるかを忘れないでください。すべてのキリスト者が、父と子と聖霊の愛をあかししながら、洗礼のたまものへの理解を深め、そのたまものを絶えず活かすことができるよう、至聖なるマリアの取り次ぎのもとに願い求めましょう。

PAGE TOP