教皇フランシスコ、2018年1月14日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年1月14日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 主の公現の祭日と、主の洗礼の祭日と同様、今日の福音(ヨハネ1・35-42参照)もまた、主が現れるというテーマを示しています。この箇所において、「神の小羊」(36節)であるイエスを弟子たちに指し示し、イエスに従うよう促したのは、洗礼者ヨハネです。このことはわたしたちにも当てはまります。降誕祭の神秘において観想したかたに、わたしたちもまた、日々の生活の中で従うよう招かれているのです。このように、今日の福音箇所は素晴らしいかたちで、典礼季節の「年間」へとわたしたちを導いています。年間とは、「ご公現」と「弟子であること」の間、「主の現れ」と「召命」の間で動くダイナミズムの中で、日常生活における信仰の歩みを強め、確認する期間です。

 この福音箇所は、信仰の歩みの本質的な特徴を明らかにしています。そこには一つの信仰の歩みが描かれていますが、それこそが、わたしたちを含むすべての時代の弟子の歩みです。その歩みは、二人の弟子が洗礼者ヨハネに促されて、イエスに尋ねた質問から始まります。そして彼らはイエスに従い始めます。「何を求めているのか」(38節)。イエスはこれと同じ質問を、復活した朝にマグダラのマリアに尋ねます。「婦人よ、だれを探しているのか」(ヨハネ20・15参照)。人間であるわたしたちは皆、探し求めます。幸せを求め、愛を求め、善良で充実した生活を探し求めます。御父は御子イエスによってそれらを皆、わたしたちに与えてくださいます。

 この探し求める歩みにおいて、真のあかし人――最初に歩き出し、主と出会った人――の役割は根本的なものです。福音書においては、洗礼者ヨハネがこのあかし人です。したがって、ヨハネは弟子たちをイエスへと向かわせます。イエスは「来なさい、そうすれば分かる」(ヨハネ1・39)と言って、彼らを新しい体験へと導きます。この二人の弟子たちはこの出会いの素晴らしさを決して忘れません。福音記者がその時間を記しているほどです。「午後4時ごろのことである」(同)。イエスとの人格的な出会いだけが、信仰の歩みと弟子としての歩みをもたらします。わたしたちは多くのことを体験し、多くのことを成し遂げ、多くの人とかかわりますが、人生に完全な意味を与え、わたしたちの計画や取り組みを実り豊かなものにすることができるのは、イエスとの出会いだけです。その出会いがいつなのかは、神だけがご存じです。

 聞いたみことばに基づいて、神の姿を思い描くだけでは十分ではありません。神である主を探しに出掛け、主が住んでおられるところに行かなければなりません。二人の弟子は「どこに泊まっておられるのですか」(38節)と尋ねます。この質問には霊的に深い意味があります。それは、主がどこにおられるか知りたいと望み、主とともに留まりたいと思っていることを表しています。信仰生活は、主とともにありたいと望み、主がおられる場所を探し続けることに根差しています。わたしたちは、規則に縛られた型通りの信心を乗り越え、祈り、みことばについての黙想、さらには諸秘跡の中でイエスと再び出会うよう求められています。そうすれば、主とともに留まり、主と、主の助けと、主の恵みに感謝しながら実りを育むことができるのです。

 イエスを探し、イエスに出会い、イエスに従う。これこそが歩みです。イエスを探し、イエスに出会い、イエスに従うのです。

 イエスに従い、イエスが留まっておられる場に出向くという目的をもつわたしたちを、おとめマリアが支えてくださいますように。それにより、わたしたちはいのちをもたらすイエスのみことばを聞き、この世の罪をぬぐい去るイエスに従い、イエスのうちに希望と霊的な力を取り戻すことができるのです。

PAGE TOP