教皇フランシスコ、2018年2月4日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年2月4日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読には、ユダヤ教において聖なる日である土曜日に、イエスがカファルナウムで行ったことが引き続き記されています(マルコ1・21-39参照)。福音記者マルコは今回、イエスの奇跡のわざと、イエスが出会う人々の信仰への目覚めの関係に焦点を当てています。主は、あらゆる種類の病者にいやしのしるしをもたらし、その応答として信仰を呼び覚まそうとしておられます。

 カファルナウムにおけるイエスの一日は、ペトロのしゅうとめをいやすことから始まり、イエスが泊まっていた家の外に村中の人が集まっている場面で終わります。身体的な痛みや霊的な苦しみに見舞われた群衆は、イエスが宣教を行う上で、いわば「欠かせない環境」です。イエスの宣教は人々をいやし、慰めることばと行いによって成り立っているのです。イエスは、人々から離れた研究室の中で救ったり、説教をしたりするのではありません。イエスは群衆のただ中におられます。人々の真ん中におられます。考えてみてください。イエスの公生活のほとんどが、人々の中で、道で起きています。イエスは福音を説き、身体的、霊的な傷をいやします。福音にしばしば登場するこの群衆は、苦しみに見舞われた人間そのものです。痛みや疲れを感じ、問題をかかえた人間です。解放と刷新をもたらすイエスの力強いわざは、この哀れな人間に向けられています。こうして、その土曜日は、夜遅くまで群衆に囲まれて終わります。イエスはその後、どうするでしょうか。

 次の日、夜が明ける前にイエスは誰にも見られずに村の門を出て、人里離れた所に行って祈ります。そうすることによりイエスは、奇跡とご自身のカリスマ的な力を誤って解釈している、勝者をあがめるような考え方から、ご自分と自らの公生活を引き離します。奇跡はまさに、その応答として信仰を促す「しるし」です。そのしるしには、人々を導くことばがつねに伴っています。しるしとことばを合わせることによって、キリストの恵みのうちにもたらされる神の力により、信仰と回心が呼び覚まされるのです。

 イエスがみ国を告げ知らせるのにもっともふさわしい場所は道であることが、今日の箇所(35-39節)の最後で示されます。弟子たちはイエスを探しだし、村に連れ戻すために、イエスが祈っておられる場所に行きました。村に連れ戻すために自分を探している弟子たちに対して、イエスは何と答えたでしょう。「近くのほかの町や村へ行こう。そこでも、わたしは宣教する」(38節)。それは神の子の旅路でした。そして弟子たちの旅路となり、さらにはキリスト者一人ひとりの旅とならなければなりません。福音のよい知らせがもたらされる場である道は、「出向くこと」、すなわち旅することのしるし、さらには決して怠けずに「動くこと」のしるしを、教会の使命にもたらします。

 魂とからだの医者であるイエスのいやしのことばを皆に伝えるために、人々の間にさらに多くの幕屋を張るよう教会を促す聖霊の声を、わたしたちが受け入れることができるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP