教皇フランシスコ、2018年2月11日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年2月11日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 マルコによる福音書は、あらゆる種類の病者をいやすイエスの姿をここ数週間、わたしたちに示しています。その意味で、ルルドの聖母の記念日である今日、2月11日に祝われる「世界病者の日」は、非常にふさわしいといえます。したがって、マッサビエールの洞窟に心を向けつつ、からだと魂の真の医者であるイエスについて思い巡らしましょう。御父は、罪とその結果により傷ついた人間をいやすために、イエスをこの世にお遣わしになりました。

 今日の福音朗読(マルコ1・40-45参照)は、重い皮膚病を患っている人がいやされたことを伝えています。この皮膚病は、旧約聖書の中では非常に汚れたものと考えられ、その患者は社会から離れるよう強要され、隔離されて生活していました。この人が置かれた状況は非常に深刻でした。当時の考え方により、人々だけでなく神の前でも自分が汚れていると感じていたのです。したがって、彼はこう言って、イエスに嘆願します。「み心ならば、わたしを清くすることがおできになります」(40節)。

 このことばを聞いて、イエスは深くあわれみます(41節)。このようにイエスが心から共感していたことに注目することは、極めて重要です。わたしたちも「いつくしみの特別聖年」の間、そのことに注意を払ってきました。イエスの共感といつくしみにあふれた心に分け入ることができなければ、イエスのわざもイエスご自身も、理解することはできません。だからこそ、イエスはその人に手を差し伸べ、彼に触れて「よろしい、清くなれ」(40節)と言うよう駆り立てられたのです。もっとも衝撃的な事実は、イエスがその人に触れたということです。それは律法により固く禁じられていたからです。重い皮膚病を患っている人に触れることは、内面だけでなく心も汚染され、汚れた人となることを意味していました。この場合、その患者からイエスに影響が及び、伝染するのではなく、まさにイエスから患者に影響が及び、その人が清められています。このいやしのわざにおいては、イエスの共感といつくしみというよりは、むしろイエスの大胆さにわたしたちは感動します。感染も規律も気にせずに、相手を苦しめている呪いから解放したいという思いに、ただひたすら動かされているのです。

 兄弟姉妹の皆さん、病によって人が汚されることなどありません。病気は人間全体にかかわりますが、神と当人との関係を傷つけたり、阻んだりすることは絶対にありません。むしろ病者は神とさらに強く結びつくことができます。一方、わたしたちを汚れさせるのは罪です。利己主義、傲慢さ、堕落した世界に埋没することなどは、心の病であり、わたしたちはこの重い皮膚病を患っている人のように、イエスの方を向くことにより清められなければなりません。「み心ならば、わたしを清くすることがおできになります」。

 さて、ここでしばらく沈黙しましょう。そしてわたしたち一人ひとり――皆さん、わたし、すべての人――が心の底から考え、自分の内面に目を向け、自分自身の汚れと罪を見つめましょう。そして各自、沈黙のうちに、「み心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と、心の声でイエスに語りかけましょう。

「み心ならば、わたしを清くすることがおできになります」。
「み心ならば、わたしを清くすることがおできになります」。

 わたしたちが悔い改めた心で、ゆるしの秘跡を受けるときはいつも、主は「よろしい、清くなれ」と繰り返し語りかけてくださいます。なんと大きな喜びでしょう。こうして、罪という病がいやされ、わたしたちは神との親子関係を喜びのうちに再び体験し、共同体の中に再び完全に受け入れられるのです。

 病者にも健康を与えてくださる主が、その無限のいつくしみにより、わたしたちの内面の傷をいやし、希望と平和をわたしたちの心に取り戻してくださるよう、汚れなき聖母マリアの取り次ぎを通して願い求めましょう。

PAGE TOP